ここから本文です

非弁行為について。 相手側の代理人が弁護士でこちらは配偶者に代理で交渉して...

aki********さん

2011/7/1916:22:32

非弁行為について。

相手側の代理人が弁護士でこちらは配偶者に代理で交渉してもらうのは非弁行為にあたりますか?

配偶者が相手側の弁護士と話していて強い口調で話していると、そもそも金銭的な事を弁護士以外が交渉すると非弁行為にあたると言ってきたので

閲覧数:
770
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kre********さん

2011/7/1917:48:02

非弁は報酬を得て、もしくは業として行うことが要件で、
親族の代理人を無給で引き受ける場合には、
基本的には非弁にはなりません。

質問した人からのコメント

2011/7/19 18:36:18

降参 有難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dic********さん

2011/7/1917:53:13

非弁行為にはなりませんが、いざ訴訟となった場合、簡裁以外では弁護士しか代理人になれません。

nij********さん

2011/7/1917:34:22

非弁にはなりません。

ただ、訴訟代理人として訴訟行為をする場合には、弁護士代理の原則があるため、原則弁護士以外は代理人になれません。
→簡易裁判所案件で、許可が出れば配偶者の訴訟代理も認められることがある。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる