ここから本文です

一つの遺伝子から複数の種類のポリペプチド鎖を合成する仕組みで代表的なものは何...

ぬこたんさん

2011/7/2518:10:34

一つの遺伝子から複数の種類のポリペプチド鎖を合成する仕組みで代表的なものは何がありますか?
私が思ったものとしては「選択的スプライシング」「遺伝子の再配列」くらいです。他にご存知の方お願いします。

閲覧数:
421
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uni********さん

2011/7/2619:28:13

「ひとつの遺伝子から」だとご質問にあるように alternative splicing、rearrengement ぐらいしか思い浮かびません(もとがひとつの遺伝子と言う縛りがあるので、少なくとも前者では特に frame は動かないのが基本となってしまいますので)。
これらの中にはいろいろと種類がありますが、やってることは一緒です。

「同じ DNA の配列部分を使って」という意味ですと、他にもあります。

一番簡単に分かるのは、何でもいいですが ORF の geme map を見てみるといいでしょう。
plasmid でもいくつかは分かると思います。

たとえば、frame を変えて、異なる ATG を開始コドンにする(プロモーターも変えています)。
逆向き配列を gene として使用する。

が主な例になると思います。
gene map の矢印が overlap していたり、逆向きになっていたりする部分はすべて、異なるポリペプチド鎖をコードしています。探せばいたるところに、種々のシステムがみつかると思います。

この回答でご期待に添えているでしょうか?

質問した人からのコメント

2011/7/28 19:59:27

詳しく教えて頂きありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

saito_invtlさん

2011/7/2613:45:09

再配列と同じ免疫系の仕組みでクラススイッチというのがあります。
抗体の種類が変わる仕組みです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる