ここから本文です

違いを教えてください… ①おにぎりとおむすび ②味噌汁とおみおつけ 単なる方...

vip********さん

2011/7/2723:46:30

違いを教えてください…

①おにぎりとおむすび
②味噌汁とおみおつけ

単なる方言なのでしょうか?よろしくお願いします。

閲覧数:
926
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

let********さん

2011/7/2802:30:31

【回答①】
一般的に関西では「おにぎり」、関東では「おむすび」と呼ぶ傾向があるようです。
郷土料理の「おにぎり」「おむすび」の名称を日本地図にマッピングしたものがNHKで「NHK食料プロジェクト:全国のおにぎり情報(注1)」として公開されています。 これをみると、日本の大部分で「おにぎり」(または「にぎり」)と呼んでいて、関東から東海道にかけて「おむすび」(または「むすび」)と呼んでいることがわかります。 でも東京と神奈川では「おにぎり」と呼んでいるのが面白いですね。

このような地域差があるわけですが、もっと根本的なところに「おにぎり」と「おむすび」の違いがありました。 コトバの成り立ちそのものが大きく異なることが解りました。


別天神五柱 [ふることぶみ]
天と地が初めて別れた時、高天原に生まれた神の名は、天之御中主神であった。次に高御産巣日神、次に神産巣日神が現れた。此の三柱の神は、並独神(性別がない)として生まれ、身を隠して姿を現さなかった。


古事記の一節の口語訳です。 ここで出てくる三柱の神と呼ばれる天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)は天と地が別れてはじめて現れた神様の名前です。 ここで注目したいのは高御産巣日神と神産巣日神に共通の「むすび(産巣日)」という音です。 この「ムスビ」という音は天地万物を生み出す神霊、またはその霊妙な力を意味し、現代でも「産霊」(goo 辞書)というコトバとして残っています。
そして当時の日本人は山を神格化し、その神の力を授かるために米を山型(つまり神の形)をかたどって食べたものがいわゆる「おむすび」の始まりだと云われているようです。

つまり「おむすび」は三角形でなくてはならないわけですね。 「おにぎり」は時代が下ってからできたコトバで、「にぎりめし」の転じたものであると考えられるようです。 「おにぎり」はどんな形でも良いんですね。
こうなってくると、「おむすび」というコトバを大切にしていきたくなります。 自分で作るときには三角のおむすびを気持ちをこめて作りたいですね。

※注1:http://www.nhk.or.jp/shokuryo/onigiri/index.html

※引用資料:http://sasapanda.net/archives/1526

【回答②】

■味噌汁■
かつおや昆布、煮干などでダシをとった中に味噌を溶き入れ、豆腐、大根、油揚げなどの具財を入れたもので、和食のスープといったところです。

■おみおつけ■

漢字にすると「御御御付」。

「御実御汁食」の場合、文字どおり「お汁」の上に「お実」がついた「汁食」ということになります。つまり、汁の上にまで盛り上がるほどの多彩な具財が入っている汁食なんです。

山菜、海草など、イモ、大根、旬の野菜類、豊富な具財を入れ込んだものを「おみおつけ」と称し申しわけ程度の豆腐やネギだけが浮かんだ汁は、「味噌汁」で「おみおつけ」と呼ばないという説もあり、1汁1菜が基本の伝統的な和の食では一汁重要な栄養源でした。

ところが、最近はご飯の添え物として多彩なおかずで栄養源も十分ということから、洋食でいうところのスープがわりとする「味噌汁」が一般的になりました。

現代で言えば、ごぼう、こんにゃく、豚肉、大根、などを豊富に入れ込んだ「けんちん汁」や「トン汁」などが「おみおつけ」といったところでしょうか。

※引用資料:http://www.pefmix.com/misosiru.html

質問した人からのコメント

2011/7/31 16:52:54

降参 細かく説明してくれてありがとうございます
おむすびは元は神聖なるものだったんですね。。。
ベストアンサーに選ばさせてもらいました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

har********さん

2011/7/2800:27:27

基本、同じ。

でも私はおにぎりは三角、おむすびは俵です。


オトン

hes********さん

2011/7/2800:06:37

おむすびと言うのは元々は五穀豊穣を神様に感謝していただく儀式に供える物を
御飯で作ったのが始まりで、神と民を結びつけるところから「おむすび」と呼ぶようになったと聞いたことがあります。

その後、その感謝の気持ちが薄れ単にご飯を握って弁当などにして「おにぎり」と呼ばれるようになったはずです。

味噌汁はその字の通り、味噌をだし汁に溶いたものです。
おみおつけと言うのは味噌も神様のおかげでできた五穀から作られて
それを尊ぶように言うようになって御御御付けと御をたくさんついたものです。

基本的にはどちらも同じものなんですけどね。

yok********さん

2011/7/2723:49:21

基本、同じじゃないですか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる