ここから本文です

楯状火山、成層火山、鐘状火山について教えてください。

アバター

ID非公開さん

2011/8/217:42:29

楯状火山、成層火山、鐘状火山について教えてください。

この質問は、atsukodx0710さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
24,385
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

atsukodx0710さん

リクエストマッチ

編集あり2011/8/217:48:22

マグマのねばりけと火山の形について

火山は、噴火のときに流れた溶岩や火山灰が積み重なってできていきます。
だから、マグマのねばりけは火山の形と決める大きな要因となります。
次の3種類について、マグマのねばりけは火山の形や噴火のようすにどう関係しているかつかんでください。

楯状火山・・・ねばりけが弱く溶岩が流れやすいのでうすく広がり、平らな形をしている

マウナロナ山・キラウエア山など

成層火山・・・火山灰などと溶岩が交互に噴出して、円盤形をしている
ねばりけは中間で、溶岩ドームをともなうものもある

富士山・浅間山・桜島など

鐘状火山・・・はげしい爆発をともなう噴火で、溶岩が流れにくいためにおわんをふせたような形になる

雲仙普賢岳・有珠山・昭和新山など

爆発的な噴火で火口がふき飛ばされたり、マグマが地下で移動してしまって火口が崩壊し、その後陥没した大きなくぼみをカルデラといいます。
日本の火山の大部分が成層火山です。マグマのねばりけが強いと火砕流が発生する可能性が高くなります。
火山灰による被害も甘く見てはいけません。
飛行機のエンジンを止めてしまうこともあれば、太陽光をさえぎって世界的な冷害を引き起こすこともあります。

アバター

質問した人からのコメント

2011/8/2 21:22:48

ありがとう

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ojisan2317さん

2011/8/219:54:33

火山の山体と溶岩の粘りけについては以前の間違った教育が身についているようですね。
盾状火山は玄武岩質の高温で流動性の高い溶岩からなるのですが,成層火山では溶岩流と爆発が交互に繰り返されるのです。溶岩の爆発は気体成分の量によって決まり,気体成分が多いと激しく爆発します。
鐘状火山は粘りけの強いマグマにより出来ます。昭和新山では爆発的な噴火をしなかったため山が成長する様子が記録されました。また,雲仙普賢岳でも溶岩ドームが出来それが砕け落ちるときに火砕流として山を下りました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。