ここから本文です

歴史に詳しい方に質問です! ヒトラーのことについてですが… 1 ヒトラーの...

bot********さん

2011/8/521:46:02

歴史に詳しい方に質問です!

ヒトラーのことについてですが…

1 ヒトラーの性格は どのような人だったのか?

私は 表面上は滅茶苦茶なイメージですがもっと深い性格は どんなんだったのか気になっています

僕的には、身内思いの優しい反面、かなり心配性な性格だったと感じています

ほかに付け足してくれる方教えてください!!

2 なぜヒトラーは ユダヤ人に対して 厳しかったのでしょうか?

殆ど憶測ですが…
その頃のユダヤ人の中にも ドイツの 経済界などで力をしめてたりしている人がいたのでは?
もしそんな人に規制したりしたら 結果的にドイツの経済が下がり 国力を下げてしまうのでは??

閲覧数:
808
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/8/523:54:52

一度、ナチスドイツについて簡単に研究を行ったことがある者です。

心配性なのは事実ですが、それも結構極度なもので精神科医に何度も通っていたことがあります。
これは幼少期に父親による暴力、その後若いうちに両親を失った経験によるものかもしれません。
健康には気を遣いながらも、完全に夜型の人間 戦争末期には手の震えが止まらなかったそうです。
あと、過剰な自信家で自分の信じたことは疑わずほとんどの人間を信じない人だったようです。

2はこの場では難しいですね。本格的にわかりたいのなら「わが闘争」を熟読することをお勧めします。
あなたの憶測は結構あたっています。新聞社から経済界までその多くがユダヤ人あるいは、ユダヤ系ドイツ人によって成り立っていました。
これは、第一次大戦の敗北に対して、何らの出資も行っていなかったユダヤ人が一人勝ちした状態を作り出したのが原因です。

当時の状況はドイツ経済は完全に破たん。ドイツ政府は他国に賠償金のお金を支払うだけという状況でした。
ヒトラーはこの状況を見て、かつての栄光を追い求めました。ヒトラーは大戦中、最前線で優秀な働きをしていましたが、その第一次大戦は、終戦までドイツ軍は力を温存していました。
兵士たちは「私たちは敵に負けたのではなく、後ろから槍を刺された」と表現していました。
つまり、優勢だったのに本国でデモが起きて政府は降伏してしまったと感じていたのです。

その後、ヒトラーは日雇いで働きます。こんな中でヒトラーはある男の話を聞きます。それは「ユダヤ人が儲けるためにドイツを戦争に負けさせ、今の経済を牛耳っている」という話でした。ヒトラー自身、半信半疑でしたが勉強するうちに確信に変わったそうです。

そして、ヒトラーは自身の中で、ユダヤ人が害虫だと判断しました。まるで寄生虫のように寄生していると考えたのです。
そこで、ユダヤ人はドイツから消えるべきだと考えました。

質問した人からのコメント

2011/8/6 09:32:03

一度我が闘争を読んでみます!
またわからない点があったら 質問させて下さいね

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

M700さん

2011/8/523:16:25

中3です。
ヒトラーのことは、そこそこ知っているのでお教えします。
性格はかなり冷酷で、食べ物は肉より野菜のほうが好きで野菜ばかり食べていたといいます。
それに、頭のキレる人物で、組織作りと演説が上手、ドイツの敗色が濃厚になってくると、精神状態がかなり不安定になっていました。
自分が答えられるのは、このくらいです。
あと、噂ですが「ヒトラーはユダヤ人だった」なんて話しもあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる