ここから本文です

豊臣秀吉の側室、茶々(淀殿)は何故歴史上悪女になっているのでしょうか? 調べて...

non********さん

2011/8/1521:07:37

豊臣秀吉の側室、茶々(淀殿)は何故歴史上悪女になっているのでしょうか?
調べても何か納得する答えが見付かりません。ご存知の方教えて下さい。

閲覧数:
9,422
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tha********さん

2011/8/1614:11:46

空気読めないにもほどが有ります。

彼女が秀吉のように百姓上がりの側室なら、まーしょうが無いかもしれませんが、列記とした武家の娘として育っているのですから、その誇りだけで民衆を巻き込んだ戦にまで発展させ、尚且つ勝てない戦をさらに挑んだところですね、あそこまでやるのはいただけないよね。

第一に、関ヶ原の際に、淀が石田三成を裏で支援していたのは明白で有る事。
第二に、家臣である家康が勝手に東軍大名に、西軍大名の没収した土地を配分してしまったこと。
第三に、あろうことか家臣の家康が、豊臣の飛び地の所領を、勝手に西軍大名に恩賞として処分してしまったこと。

こんな、主人いると思います?この時点で、名実ともに天下人徳川家康が誕生しているのです。
武士は、その土地の権利を認め守ってくれる人で、尚且つ恩賞をくれる人に従う者なのです、そうですこの時点でまさしく家康がその人ですよね。
豊臣大老徳川家康というのなら、せめて東軍大名への恩賞は豊臣秀頼の名で行うべき事柄なのです、それをしない時点で豊臣は天下を放棄したか、家康に譲ったも同然です。

その後、徳川家康は武家の棟梁で有る征夷大将軍に任ぜられています、そりゃ家康が裏でこそこそ動いたのは事実でしょうが、秀頼の父秀吉が関白になった時には何もしていないとでも思っていたのでしょうか。
豊臣が武家だというなら、これより先は将軍徳川家康にしたがうのが本筋であり、これをしないから下剋上の戦国時代になり、長い間民衆は苦しめられてきたのです。

家康にもあいさつ一つせず、二代将軍で嫁さんの父である秀忠にも、江戸に行くのは嫌だ京の朝廷に挨拶に来るのなら、自分たちも京なら出ていって会ってもよいなど。あきれ返ります。

徳川家康は、名実天下人ですが、それを認めない元主家がいる状態ですよ。
秀吉の天下人など絶対認めないと、強情を信雄がいつまでも続けていたとして、秀吉が許したとでも思っているのでしょうか。

大坂の陣前にも、さんざん家康は豊臣にチャンスを与えていますよね、かつて秀吉が家康にしたようにですよ、秀吉は妹はおろか大事な母親まで家康に差し出しているのです。

もし、淀が折れて家康にしたがっていたら、どうなっていたと思いますか?それでも家康は、執拗に豊臣をつぶしたと思いますか?そうではないでしょ、将軍の娘を正室に持ち、母親は姉妹ですよかなり絆は深いものがありますから、徳川譜代の中でも一段クラスが上の家柄として扱われたのは明白ですよ。
それなのに、冬の陣で休戦になって、外堀を埋められてしまい戦えない状況下でも、まだ戦を続けようとする淀。
この戦では、多くの市民が犠牲になっています、それなのに又夏の陣ですよ。

ただし、この頃ではすっかり成人していた秀頼ですので、いつまでも母親の言いなりになっていた秀頼も秀頼ですけどね、中国にもこのような恐ろしい母親いましたからね、彼女も史上最悪の悪女として有名ですけど、女こそ一回握った権力を絶対に手放さないという執念は凄いですよね。

質問した人からのコメント

2011/8/22 21:24:40

成功 ありがとうございました♪

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

b13********さん

2011/8/1522:38:57

徳川だけでなく、豊臣や真田などの浪人派にとっても都合がよいのです。

徳川家にとっても、徳川ファンにとっても、豊臣ファン、秀吉ファンにとっても、大坂の陣の浪人ファンにとっても淀殿が悪女だと都合が良いのです。


徳川にしてみれば淀殿が時勢を読まなかったから滅ぼすことになったとし、

秀吉ファン、浪人(真田など)のファンにしてみれば、淀殿が馬鹿だから滅んだじゃないか!
という思いがあるのです。


実際はたかだか女一人が悪いわけはなく、その他豊臣家臣が無能で頑迷だったのだろうと思われます。

彼女一人に責任を押し付けるのはかわいそうです。

gor********さん

2011/8/1521:44:22

正直それが都合が良いという部分があります。
誰にとってかというと徳川家を含む大名家にとって。
「名君(になりうる資質を持った君主)を妖艶な美女が籠絡し、国を誤らせた」という夏の末喜、殷の妲己などにも通じる悪女の構図は彼女と側近たちに「乗っ取られた」豊臣家を滅ぼすことを正当化する材料になります。
簒奪者である徳川家はもちろんのことですが、加藤・福島・浅野といった縁戚、蜂須賀・仙石といった創業時の家臣など他の大名より秀吉との関係の深いにもかかわらず豊臣家を「裏切った」大名家にとっては淀君悪女説が都合がよかったのでしょう。
無論、単なる美しいだけの世間知らずのお姫様ではなく二度の落城を経験し、政治感覚を養う機会があったにもかかわらず意地のために息子を死に追いやった分、評価が下がるのはやむを得ない部分もあるのですが。

fic********さん

2011/8/1521:37:38

小説では悪女扱いですが、史実では特に悪女としては扱われていません。
小説での悪女扱いの原因は、徳川に逆らった人だからでしょう。

ただ、事実としては、大坂の陣で淀殿が再三に渡って余計な口出しをしなければ豊臣家の命運は変わっていた可能性は高いでしょうね。
だから、そういう意味では、悪女のニュアンスが多少変わって豊臣滅亡の原因かのように描かれることもあります。

まぁ、豊臣弱体化の原因であり、反徳川でもある人なので、淀殿側の視点で見られない限りは悪女扱いするしかないのかも知れませんね。

si7********さん

2011/8/1521:20:25

もちろん徳川家(江戸幕府を開いた)のプロパガンダに
よるものでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる