ここから本文です

野生の熊に遭遇したときのことを聞かせてください。 先日アンビリバボーで「三毛...

jam********さん

2011/8/2519:31:38

野生の熊に遭遇したときのことを聞かせてください。
先日アンビリバボーで「三毛別羆事件」のドキュメンタリーをやってて、クマがほんとに怖ろしい動物だと再認識させられました。

死んだフリが意味無かったり、時速50kmで走ることができるなど、元々怖い動物だということは何となく知っていましたがもっと色々知りたくなりました。
そこで山などで野生のクマに遭遇したときのことを教えてください。
どうやって遭遇したか、クマはどうしていたか、どうやって逃げることができたか、など・・
質問とは違うのかもしれませんがよろしくお願いします。

閲覧数:
3,446
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oip********さん

2011/8/2813:15:21

2年前に他界した大叔父(祖母の弟)が生前、熊に襲われました。

大叔父が山の草刈りをしていると、草藪から突然熊が襲い掛かってきたそうです。

腕と脇腹を噛まれ顔を引っ掻かれましたが、持っていた鉈で抵抗し鉈が熊の鼻に当たり、熊は逃走したそうです。

すぐに大叔父も近くに停めていた軽トラに乗り、自力で家に戻りました。
自宅に戻ると血だらけの大叔父の姿に家族も驚き、慌てて救急車を呼び、出血で大叔父は意識を失ったそうですが、病院で緊急手術を受け、一命を取り留めたそうです。

私がその話を聞いたのはその一年後に大叔父の家を訪問した際でしたが、顔にはまだ生々しい傷が残っていて、片方の耳はありませんでした。

今でも実家の方では毎日のように農作物への熊の被害がありますし、両親や身内がもし熊に遭遇してしまったらと思うと不安です。

質問した人からのコメント

2011/9/1 17:40:49

降参 とても恐ろしい体験談を教えていただきありがとうございます。
必要以上に怖がる必要は無いと言われる方もいますが、熊との遭遇は極力避けたほうがいいようですね。

ほかの皆さんのお話もとても参考になりました。
図書館でも調べてみたいと思いました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

muc********さん

2011/8/2811:31:26

これは義父の話です。


当方北海道で義父はよく山菜やきのこを取りに山に入ります。一度目は小さな小熊(胸元に三日月がなかったので羆だと思われます)と10メートルの距離で遭遇…慌てず熊から目を反らさずゆっくり後ずさりし大きな木の影に隠れ熊がどこかに行くまで息を潜めて隠れていたそうです(^_^;)いなくなったのを確認して山を下りました…小熊でしたが親熊がいつ出てくるか生きた心地がしなかったそうです。


二度目は体長2メートル近い熊で距離にすると100メートルで遭遇…鎌を持っていたので前回と同様にゆっくり後退し回避したそうですがあまりの大きさに腰を抜かしそうになったそうです(T-T)

私は北海道でも比較的人口の多い市に住んでいますが数ヶ月前にも市で1番の住宅街(うちのすぐ側)で羆が海側から住宅街に行くのを沢山の人に目撃され近隣の学校は集団下校、下校後の外出禁止など熊は確実に人里に来ています。正直三毛別羆事件を見たので怖いです(T-T)


余談ですが…ある日私達家族が夜帰宅すると向かいの庭に光る目が…!!!キツネやタヌキにしては大きすぎる…!!!まさか熊!?と車から降りることができずよ~く見ると角だけでも50センチぐらい…体長1・5メートルのエゾシカが木の葉っぱをむしゃむしゃ食べていました!すぐに警察と住人に電話…警察が到着すると鹿は山側に逃げて行きましたがあの時知らずに車を降りていたら…と考えると恐ろしいです(;_;)


以上熊と野生動物の実際にあった話でした、長文失礼しますm(._.)m

thu********さん

2011/8/2615:32:04

渓流釣りやキノコ採り、山菜採りが好きで頻繁に奥山へ入る機会があります。今までまともに熊と会ったのは2回。こちらの存在に熊のほうが先に気づいて斜面を逃げていったのが数回。新しい足跡や糞を見たのは数え切れません。まともに会ったうち1回は真正面からご対面です。数秒どちらも動かず見つめあい、自分が一歩後ずさりしたのを合図に熊は猛烈な速さで斜面を降りていきました。2度目は目の前を横切りました。目の端に何か黒い動くものが・・・と横を向いたら熊が小走りに横切っていきました。何の気配もせず突然現れます。熊は笹薮を歩く時でも葉音一つ立てずに歩きます。人間の方が先に気配で熊の存在を察知するのは不可能に近いです。唯一察知できるのは人間が風下にいるとき限定ですが、臭いです。時々熊の臭いがするときがあります・・・そんな時は速やかにその場から立ち去ります。カモシカも臭いますがカモシカの場合はツンと鼻に来るアンモニア臭がします。熊の場合はもっと不快な重苦しい臭いです。とにかく一人で山へ入る時は人間も野生動物の一員として全ての感覚を研ぎ澄まし五感を総動員ですね。ただ、山奥で生活している場合の熊は積極的には人を襲わないといいます。餌を求めて里に下りてきたような熊は危険だといいます。以上はツキノワグマです。北海道のヒグマについては全く分りませんので北海道の方の答えを参考にして下さい。

kin********さん

2011/8/2519:53:44

「ベア・アタックス」という本があり、北米で起きたクマによる死傷事件や助かった事例を多数紹介し、事故原因を分析したり、様々な状況での対応方法を紹介しています。日本語版が出ているので、興味があれば読んでみてください。翻訳版では日本の状況についても紹介されています。図書館に無ければ、リクエストしましょう。
以下のサイトでも回避方法、対応方法などが紹介されています。
http://www.shiretoko.or.jp/bear/index.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる