軽度の知的障害者の姉(31歳)について相談できるところを教えて下さい。

軽度の知的障害者の姉(31歳)について相談できるところを教えて下さい。 姉(31歳)は去年、知的障害者の認定を受けました。 昔からよく嘘をついたり家族のものやお金を盗んだりしていました。 ただ周りの目もあったりで特に検査もせずきたのですが、いろいろあり昨年何とか本人を病院につれていき検査をしたところ知的障害4級(一番軽いやつ)の認定を受けました。 認定をうけるまで家出を繰り返したり、騙されて裁判をおこしたこともあります。 それまで一応健常者として生活してきましたが、認定を受けたので地域の障害者用の訓練に現在は通っています。 ただ本人はしぶしぶ訓練に通っているものの自分は障害者と認めたくない様子。 また現在は母と2人で暮らしていますが(父親はおととし他界しました)母や私ともう一人の姉と折り合いが悪く、家を出たいと言っています。 正直自立して一人で生活できるなら応援したいですが、今までたくさん問題を起こしてきたので一人になってまた問題を起こしたら私たち家族が苦労するので認めることができません。 現在でも夜中などいつの間にかお金を盗むことがよくあります。 そして今回、姉は母親のヴィトンのバッグ2つを勝手に持ち出し、リサイクルショップに売ってしまいました。また一緒に父の形見である時計までもリサイクルショップに売ってしまったのです。 気付いて母がリサイクルショップへ行ったときにはもう売却済みでありませんでした。 その件にかんしても本人は全く反省の様子もなく、全て遊び(ギャンブル)に使ってしまったのです。 正直、このままでは家のものが気付かない間に次々と無くなっていくのではないかと思うほどです。 今回のことは健康保険証を本人に持たせていたこちらにも落ち度がありますが、昨年障害者認定を受けたばかりで今後どう対応したらよいのかわかりません。 また調べても、成人する前に障害者認定をうけることがほとんどのようで31歳という大人になってからの場合はどうしたらよいのか分かりません。 ちなみに現在通っている地域の訓練は、重度の障害者の方が多いようで姉が一番の軽度だそうです。 また訓練はするけど深入りはしないとのことで、こういった相談は出来ません。 本当に困っており、相談できる場所を教えていただければと思います。 また、アドバイス等もいただければ幸いです。 長文乱文ですが、どうぞよろしくお願い致します。

福祉、介護5,653閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3

成年後見人制度の利用を検討されてはいかがでしょうか。 成年後見制度~成年後見登記制度~ http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a4 制度が適用される者に認知症や精神疾患等が原因で、本人や家族の財産管理に支障が出る場合、申請することができるようです。 これが適用されれば、お姉さまがお金にまつわる問題行動を再び起こされた場合は、売買契約等を無効とすることができます。 ご質問者様がたご家族が相談できる場所については、他のご回答者様がお答えになっておられますから、私は割愛いたします。 ご質問者様やご家族が日ごろからご苦労されていらっしゃる様子が、ありありと目に浮かぶような文面で、拝読した私も「これはタイヘンそうだ」「一日も早く解決できれば」と思ってしまいました。 お姉さまご本人が全く反省の様子がない、というのは、「罪の意識の欠如」や「精神耗弱(こうじゃく)」がある、ということでしょうか。 もしお姉さまが「人のものを盗むのは悪いこと」と知っているのであれば、ご家族の介入できる余地がまだある、と見なされます。 言っていることを行動に移してくれるようなお姉さまなら、ご質問者様もこんなに頭を悩ます必要はないと思うの心苦しいのですが、現場のソーシャルワーカーはそう答えてしまう可能性が高いように思います。 お姉さまにしてみれば、分かっていることを今さらまた口うるさく言われることは面白くないでしょうし、反感を招くだけかもしれません。 しかしお姉さまは、しぶしぶながらも訓練所に通所しておられ、前向きな行動も認められています。 順番にお迎えが来たら、いずれは質問者様ともう一人の姉妹様しか残らず、どちらも結婚して家を出てしまいお姉さまひとりで生活しなければならない日も来てしまうこと。 その日のためにも、なぜわかっているのにそんなことをしてしまうのかというお姉さまの心理状況部分をよく聞き理解することから始めて、いずれは金銭管理を自分で行えるようになるよう、努力して欲しいことを、感情的に責めないよう根気強く説得し続けることが最善です。 最悪の場合、同居家族であっても窃盗を訴えることができることも伝えなければなりません。 今までは家庭内で甘く見ていたが、お姉さまの将来のことを考えて、そうすることでわかってもらうしかない、と伝えるのも手段の一つかもしれません。 通常の社会生活を営む一般人だって、モラルのほとんどは、罪悪感によって支えられています。 お姉さまが本来持っているだろう罪悪感をうまく引き出し、社会モラルを守ってもらえるよう、家庭内で訓練していくことを検討なさってください。 もちろん、公的な場での相談も受けるべき事例です。 ご質問者様を始めご家族みんなが手を焼いているような状況を、家庭内で抱え込んでは、ご質問者様やお母様、姉妹さんの精神が磨り減る一方で参ってしまいます。 いざ大問題に発展した際、特定の相談者がいることは、ご質問者様ご家族に有利に働くと思います。 また、他の相談できる場所として、通院する精神病院内で看護師やソーシャルワーカー、医師が間に入って「精神療法」の一環として、お姉さまとご家族が抱えるトラブルについてディスカッション形式で話し合い理解を深める、ということもできます。 精神疾患専門科を持つ病院に相談なさるのもよろしい事例かと思います。 お姉さまの盗み癖?を精神疾患が起因の問題行動と捉え、同様の問題行動を起こすご家族たちと情報交換の場を利用することができたり、お姉さま自身も同様の問題を抱えた疾患患者と集団カウンセリングを受けることで、新たに考えることも期待できるように思います。 こう言ってはなんですが、せっかく認定を受けられたのですから、利用できそうな施設や人間をどんどん使って解決に向かっていけることを微力ながら応援しております。

3人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

まずは、障害福祉課にそうだんするのが良いでしょう。 もしくは、地域がわからないので、はっきりしたことが言えませんが、相談支援センターがあると思います。 知的障害の認定はおりたとの事ですが、障害程度区分の判定は行っていますか? 区分によって利用できるサービスが変わってきます。 そのあたりも含めて、まずは障害福祉課に相談にいくといいと思いますよ。

0

知的障害者福祉法では、知的障害者及びその保護者等の相談に応じる人を、自治体が知的障害者相談員として委託するようになっています。手帳を取った時に貰う福祉関係の冊子等に連絡先が載ってたりします。載ってなければ、役所で聞けば教えてくれると思います。 制度としてはこういったものが有りますが、実際にどの程度相談に乗ってくれるかはちょっとわかりません。

0

相談する窓口としては市町村の障害福祉課みたいなところや病院の相談室みたいなところがあげられます。でもまずは知的障害の検査をした病院の相談室のソーシャルワーカーなどに詳しく相談することはできませんか?質問者さまの状況だと病院の相談室のワーカーから市町村のワーカーに繋いでもらったりするのがいいのかなぁなんて思ったりします。