ここから本文です

突然の指名で失礼いたします。肺(腺)がん・肋骨転移あり・ステージⅢb・50歳代の...

sak********さん

2011/9/420:17:37

突然の指名で失礼いたします。肺(腺)がん・肋骨転移あり・ステージⅢb・50歳代の父のことで質問です。

7月に肺がん告知を受け入院中です。先週から放射線治療が始まり、明日より抗がん剤治療が始まります。
パクリタキセル・カルボプラチン・アバスチンを4週間に1度投与するというスケジュールになっております。

父は約20年前に肺化膿症・気管支拡張症を患い片肺を全摘しております。
それに加えてもともと体重が少なく、現在は40キロです。

このように体力的に不安な体にこの治療方針は同じ医師さまから見て妥当でしょうか?

父の状態(ステージⅢb)での余命はどのくらいと予測されますか?

実際に本人を診察していないのでハッキリしたことは言えないということは理解の上で
可能であればkrawelts様のご意見をお聞かせください。

現在は肋骨(背中)の痛み止めとしてオキノーム10ミリグラム×2包を1日数回とフェントステープ6ミリグラムを貼付中です。
それでもオキノームが切れてくると痛みが辛いようです。
本人は「痛みを取りたい、吐き気を起こしたくない」とそればかりで私たち家族はどうしたらよいものか毎日悩んでおります。

お忙しいところ大変恐縮ですが、もしよろしければ回答をお願いいたします。


突然に失礼いたしました。

この質問は、kra********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,908
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kra********さん

リクエストマッチ

2011/9/511:21:59

リクエストありがとうございます。
家族様も大変かと思います、心中お察しします。

片肺の40kgのお父様ですが、
確かに元気な男性の患者様のようにはいかず、
抗癌剤に対して体力の予備能が少ない可能性があります。
ただ、PSという日常の活動レベルが問題なければ
抗癌剤の量を減らして投与しますので
抗癌剤そのものの数が多いということはさほど問題にならないかと思います。

ステージ3Bとのことですが、肋骨転移がもし
あるのであれば、ステージ4になります。
もしかすると、癌が直接肋骨の痛みを起こしているのではないでしょうか?
(転移とは厳密には意味合いが異なりますので)

余命に関しては、お父様の場合
・他の癌患者様よりも年齢が若いこと
・片肺をすべて切除している
ということから予想は難しいと思います。
患者様の全身状態を把握しないと言及できない
デリケートなことですので、ここでの発言は差し控えさせていただきます。

新しいフェントステープを使用されているのですね。
オキノームが切れると痛みが出ると言うことは、
ベースの量が不足している可能性があります。
主治医の先生もオキノームの使用回数があまりに多いときは
フェントステープの量を上げたり、他の薬剤に変更するよう
考えておられると思いますので、痛みについては主治医の先生に
相談されるようおすすめ申し上げます。

あまり回答になっていないような気がいたしますが、
治療がうまくいくよう心からお祈り申し上げております。

質問した人からのコメント

2011/9/5 21:11:45

降参 早くの回答に感謝いたします。
「もしかすると、癌が直接肋骨の痛みを起こしているのではないでしょうか?」とのことですが、主治医がステージⅢbとはっきり言ったのでkraweltsさんの見解の通りかと思います。
こちらの拙い質問に真摯に答えてくださり、励ましのお言葉までもいただきましてありがとうございました。最期を迎えるその時まで後悔のないようにしたいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる