ここから本文です

ストロボのマニュアル撮影について

com********さん

2011/9/423:11:23

ストロボのマニュアル撮影について

外部ストロボを使用して、カメラの露出はマニュアルで、ストロボはETTLモードで撮影しているのですが、露出が安定しないため、ストロボの調光をマニュアルで撮影したいと考えています。

例えば、ストロボ無しの露出の適正露出を2/3段アンダーにカメラの露出を設定し、2/3段分、ストロボで適正露出にしたいと考えます。
そのような時、ストロボは、どのような設定にしたらよいのでしょうか。

ストロボの、マニュアル設定で、1/1~1/128と設定できるのですが、意味がわかりません。
ガイドナンバーを含めた計算方法等があると思いますが、教えていただけないでしょうか。


ちなみに、カメラは、EOS7D、ストロボは、550EX(古いですが)です。

閲覧数:
2,546
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kih********さん

編集あり2011/9/517:44:24

まず、マニュアル発光1/1~1/128の光量調節1段は、絞り1段 またはISO1段(1EV)の差に相当します。(飽くまで直射の場合です)

つまりストロボのマニュアル光量調節は1段毎にしか設定できず、1段未満の微調整は、①被写体までの距離で調節するか、②ISOまたは絞りでの微調整になります。

距離移動によるストロボ光量調節をする場合、ちなみに1~2mとかの至近ですと、1/3段は約10cmくらいになると思いますので、仰る2/3段補正を厳密に合わすには、被写体が静止していて発光部も動かない事前提になると思います。

ご質問の「例えば」をやるのには、自然光での2/3段補正をキープしたまま、ストロボ光量を適正に合わすという事なので、ISOや絞りは触れないわけで、微調整は、上記①で行うしかありません。

作業としては、被写体の位置にフラッシュメーターを置いて測定し、1段刻みの大まかな光量を設定したら、あとはドンピシャ値が出るまで発光と移動の繰り返しです。

********************

追記。 補正するのは自然光のほうなので、ストロボ光量に影響しないシャッター速度で補えばいいことでした(笑)

質問した人からのコメント

2011/9/7 21:30:53

なんとなくイメージが掴めました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

del********さん

2011/9/517:04:05

私もマニュアルストロボ派です。
「ストロボ無しの露出の適正露出を2/3段アンダー」←まさにその通り!で、室内天井・壁バウンスの場合、ストロボ出力1/4を基準に撮影画像(ヒストグラム)を見ながら微調整してます。
屋外の場合、直射で1/32を基準に微調整してます。

ちなみに私の場合、計算式にこだわるよりも直感で判断する方が早くて確実です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる