ここから本文です

毎日新聞によると、国内で飼われている犬と猫の総数が、14歳までの子ども人口を...

イリオモテヤマネコさん

2005/12/2018:41:14

毎日新聞によると、国内で飼われている犬と猫の総数が、14歳までの子ども人口を上回ったそうです。少子高齢化の日本、ペットから税金は取れないものでしょうか??

閲覧数:
484
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

abc*******さん

2005/12/2019:49:11

あなたと同じような新税を考えた市町村は、きっとあります。
しかし、不都合なことが多いので、諦めたのでしょう。
不都合な点を挙げると、
①犬はともかく、猫を捕捉する手段がない。
②税金逃れで、狂犬病予防接種をする犬が減少する。
③野良犬、野良猫が増える。
④盲導犬には課税できないので、例外ができてしまう。
⑤猿、牛、馬、爬虫類などの取り扱いに困る。
等々、
面倒なことが多いのではありませんか?

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nek********さん

2005/12/2019:45:17

ペットから税金ってよくわからないのですが^^;
少子化の問題はいろんな要素が絡み合っているので、予算が増えれば解消できるってもんでもないでしょう。

c9_********さん

編集あり2005/12/2018:46:28

それは、確認できた数でしょう。おそらく実数は何年も前に超えていると思いますよ。
税金は購入時に消費税として支払っていますし。意味のない狂犬病摂取で毎年数千円支払っています。何年か前までは、毎年3000円(犬)が登録料として取られていましたが、これは不味いということで当方の地域では廃止されましたよ。
これ以上課税すれば捨て犬が増えちゃいますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる