煙草とお酒の害はどちらが大きい? 今、赤ちゃんがいるママ友数人と話していて出た疑問です。

補足

ありがとうございます。勉強になりました。 もういっそ、有害だからと税金あげる言い訳にするのではなく、本当に有害なのだから日本での煙草の販売をやめたらいいのに… とか思いますが、JTにお勤めの方のことを考えるとそうもいきませんし、なにより愛煙家は個人輸入するでしょうし、それにより便乗して別の犯罪も増えたりしそうで、難しい問題ですね。 BAは投票にさせていただきます。 皆様ありがとうございました。

子育ての悩み6,394閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

確か、タバコは吸った直後で血中のヘモグロビンの濃度が変わるとかだった気がするのですが(^^; 不確かですみませんっっ アルコールは飲んでから消化されるまで時間がかかるので、やはりタバコではないでしょうか… タバコは吸っていた年月と同じ年月をかけて禁煙しないと、体内の毒素は無くならないと聞いたことがあります。 なので妊娠したから禁煙…というのは余り意味が無いとか(^^; 勿論新たに吸わないにこしたことはありませんが! 今は新生児の突然死もタバコが原因の可能性が高いと言いますし、妊婦さんや母乳をあげているお母さんは吸わない方が良いでしょうね…

0

たばこの方ががいは大きいと思います。 しかも直後ということならなおさら、アルコールはすぐには母乳に含まれませんが、たばこの有害物質は呼気から出ますし、服や体にもついていますので。

0

タバコは百害あって一利なし。 アルコールは本人(ママ)にとっての適量なら逆に体にもいいって聞くけど、 子供の体内にもアルコールがはいってしまうから いくら適量でも毎日だと心配ですね。 ただもし子供に重度の小麦アレがあれば少量のビールでも命に関わるので 一度限りのことであればすぐには命に関わらないタバコの害のほうが マシかなとも思います。

2

たばこは100害あって1利なしです。 いいことなんで一つもありません。 お酒は百薬のちょうという位で適量なら逆にいいものになります。 母乳だけでなく妊娠についても、お酒は妊娠してやめれば問題はありませんが、女性の場合、たばこは止めても10年は体に害(具体的な名前を忘れました)が残り胎児にもそれがうつって生まれてくるそうです。 男性は5年。精子に含まれるそうです。

2人がナイス!しています

0

多少の飲酒は、母乳の出を良くするんですよ~。 アルコール度数の低いものなら、逆に勧める助産師さんもいるそうです。 タバコはいけません。 妊娠中にどうしてもタバコがやめられず、産まれてきた子が健全ではなかった…という例を実際目にした事があります。 産まれてきた子の成長にも、もちろん悪影響ですね。