ここから本文です

イエスの再誕についての質問です。 キリスト教の方なら分かるかなあ。 イ...

ID非公開さん

2011/9/1400:55:50

イエスの再誕についての質問です。

キリスト教の方なら分かるかなあ。


イエスの再誕は、聖書のどこで預言されていますか?

イエスは、女性から生まれてきますか?

イスラエルで、クリスチャンとして産れてくるんですか?

やはり、ソロモン・ダビデの血統ですか?

イスラエルの王となるそうですが、イスラエルって王国でしたっけ?民主国家から王政に戻れると思いますか?

再誕後、異教徒の滅ぼしにかかるそうですが、今のイスラエルには、それほどの武力はないですよね。
てか、クリスチャンは、分散してるのに、どうやって異教徒だけ滅ぼすのだろう?

そもそも。それは、いつ頃ですか?

イエス様が復活なさったら、日本は全滅ですね。


「イエス様は、再誕して、異教徒を滅ぼす」というのは、最近知ったばかりなのに、考えだしたら、疑問だらけです。
できるだけ、疑問に答えて下さい。お願いします。

最近、ここで、知ったばかりです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1071161740

補足皆様
大変、貴重なご意見有難うございます。

lucky_u_2011様

一コリ(15:23 -15:28)ですね。
さっそく読んでみます。
まだ、聖書はそこまで読んでいないもので。

番場の忠太郎様
イエス様の武器ってなんでしょうね。

cavazion様
なんだか、すごいことになりそうですね。
まだまだ、謎が深まりました。
また、いろいろ教えて下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1471250174

閲覧数:
1,066
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cav********さん

2011/9/1410:47:37

再誕じゃありません。再臨です。生まれ変わってくるのではなく、十字架・復活後昇天したイエスが、そのまま天から降りてくるのです。雲に乗って。

預言については詳しく述べると長くなりますが、イエスの再臨前に、「反キリスト」と呼ばれる独裁者が世界を支配します。そして、いろいろあって、最終的に「反キリスト」に率いられた世界の軍勢が、イスラエルを滅ぼすため、イスラエルの「メギドの山」に陣を敷いてエルサレムを包囲します。当然、イスラエル独自の軍事力では勝ち目はないわけです。行き詰ったイスラエルのユダヤ人たちは、その時、かつて自分たちの先祖が拒絶したイエスこそメシア(救い主)だと悟り、イエスを呼び求めます。それに応える形で、イエスが天から降りてくるのです。イエス自身の力と、天使の軍勢が「反キリスト」軍と戦うので、「反キリスト」軍は敗れます。「反キリスト」はイエス自身によって殺されます。これがいわゆる「ハルマゲドンの戦い」です。その後、イエスは2000年以上空位になっていたイスラエルの王位を再興し、その王座に就いて世界を治めるのです。

「反キリスト」軍は、「キリスト教国」であるEUとアメリカが中心になるでしょう。彼らは、ローマ帝国の再来とされているからです。「キリスト教国」でありながら、既に賞味期限切れとなっており、「真のキリスト」から離れ「反キリスト」になびいてしまうのです。日本については、終末に、イスラエルを助ける国として神に召し出されることが預言されています。

質問した人からのコメント

2011/9/14 17:07:29

ありがとうございます。
イエスの再臨にとても興味がでました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1471250174

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2011/9/1409:43:48

その日その時はイエス様自身も知らないし、

父(神)がご自分の権威で決めておられます。

ただ、「ノアのときのようだ」と言われます。

人々は100年間もノアの忠告(伝道)
に従わず、平和なので享楽を謳歌していて

その時がきたのです。

「人の子が来るとき地上に信仰が見られるだろうか。」と

イエス様は予言されています。

本当は、イエス様もその日その時をご存知だということです。

イエス様が来られたのは、400年もの預言者不在期間の後でした。

選民はノアの日のように、享楽にふけっていたのです。

「まだまだ、主は来られないので楽しもう」ですね。

そして選民の大艱難がきて後、キリストは来られたのです。

今の時代をどのように思うか、どのように過ごすか

考えねばなりません。


愛の神様が「滅ぼす」とはどういう意味か、汲み取ってください。

黙示録は、イスラエル=選民(キリスト者)であって、

たとえとして、旧約の世界で語ってていますが、私たちのことなのです。

luc********さん

編集あり2011/9/1407:35:37

一コリ(15:23 -15:28)

ただ、一人一人にそれぞれ順序があります。最初にキリスト、次いで、キリストが来られるときに、キリストに属している人たち、
次いで、世の終わりが来ます。そのとき、キリストはすべての支配、すべての権威や勢力を滅ぼし、父である神に国を引き渡されます。キリストはすべての敵を御自分の足の下に置くまで、国を支配されることになっているからです。最後の敵として、死が滅ぼされます。「神は、すべてをその足の下に服従させた」からです。すべてが服従させられたと言われるとき、すべてをキリストに服従させた方自身が、それに含まれていないことは、明らかです。すべてが御子に服従するとき、御子自身も、すべてを御自分に服従させてくださった方に服従されます。神がすべてにおいてすべてとなられるためです。

ヨハネの黙示録は、さすがに問題が多すぎるので省きます。

パウロは、この程度の理解です。とりあえず。
「キリストはすべての支配、すべての権威や勢力を滅ぼ」すとは言っていますが、世界を「滅ぼす」とは言ってないと思います。
世界が滅びたら、「父である神に国を引き渡す」ことなぞできません。

「異教徒が滅びる」という理解ではなく、異教徒がイエスを信じるようになり、「異教徒が改宗する」という意味と思います。

sak********さん

2011/9/1402:47:46

私もよく知りませんが、キリスト再誕については、千年王国や最後の審判で調べてみてはどうでしょうか。

pen********さん

2011/9/1402:39:29

あやまった回答を信じ込まないように。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる