ここから本文です

障害年金(精神)についての質問です。どなたかお詳しい方教えて頂けませんでしょ...

miz********さん

2011/9/1913:27:43

障害年金(精神)についての質問です。どなたかお詳しい方教えて頂けませんでしょうか。よろしくお願い致します。

弟は証券会社二十八年勤務の末 過労 自律神経失調症 うつ病の診断がありその後退職。療養加療に専念し始めました。主治医のアドバイスで傷病手当受給。また障害年金を申請し、うつ病で二級を受給しております。ちなみに精神保健福祉手帳は一級です。
療養開始二カ月ほどすると実父の肝臓がんが発覚。今月他界しました。父は一年半の闘病生活の中で七回の転院 民間療法にも多額のお金を弟は使いました。
この環境 家族の死は弟には療養どころではなく最悪の精神状態をつくりあげました。経済的な問題も複雑に関与しています。
障害年金に関するご質問です。今の弟にとって障害年金はほんとうに大切な生活費です。障害年金(精神)は有期認定(二年)だそうで年金証書には次回の診断書提出日が明記されています。もう時期です。主治医からは父の見舞いにいくことも止められていました。
受給開始頃より父の死により弟の状態はあきらかに悪くなっています。教えてください受給期間延長のための申請は難しいのでしょうか。また初回申請の時のように病歴 就労状況等申立書等を作成し診断書等を添付し手間ひまと時間をかけて再認定をまつものなのでしょうか。それとも主治医の申請書の提出だけですむものなのでしょうか。
私は実の姉ですが弟の嫁も精神的にも経済的にも体力的にもかなり弱ってしまっています。
お詳しい方 ご経験のお有りの方回答をよろしくお願い致します。

閲覧数:
752
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2011/9/2213:01:17

質問経緯から障害厚生年金2級を認定されていると思いますが一言で言えば診断書を提出しない限り分からないが回答になります。

>受給開始頃より父の死により弟の状態はあきらかに悪くなっています。
・この件は質問者さんから見た経緯、判断です。安易な憶測をしないで主治医に伝えましょう。

>受給期間延長のための申請は難しいのでしょうか。
・申請は(再認定)郵送されてきた「診断書」の提出になり申請自体は可能ですが、認定は日本年金機構になり分からないが現状です。

>「病歴 就労状況等申立書」
・必要ありません、初回の裁定請求時に発症~現在時(前回提出年月)までを提出されていて、今回の提出する診断書との経過を見ます。

>主治医からは父の見舞いにいくことも止められていました。
・診断書に反映してくれる様に主治医とのコミュニケーションが必須です。

血液検査の様に規定値があれば容易ですが、精神認定時は数値判断(一部ありますが)がなく一人ひとりの症状(うつ病でも)が全く違うため困難が多いのが事実です。
日常生活困難具合、就労、労働制限、予後など総合的に判断します。当然、受診しなければ診断書記入ができませんので、診断書項目に応じた内容を本人(代理の方、身内の方)と共に主治医に話して下さい。

認定期間は症状により基本1~5年間です。
今後も必要と思われますので認定基準参考にして下さい、尚、診断書のコピーをして次回申請、問い合わせ、不服申し立てに役立て下さい。
【国民年金・厚生年金保険障害認定基準】 (精神の抜粋)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110704T0010.pdf

状況が大変ですが体調に気をつけ認定される事、願っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mag********さん

2011/9/2004:40:09

障害基礎年金は就職していない方、
厚生基礎年金は就職している方の年金です。

今回は障害基礎年金だと仮定してお話させていただきます。


障害基礎年金の受給者は定期的に『障害状態確認届』を提出します。
(専用診断書用紙が送られて来ます)

現在の状況(病状)が障害年金の条件に該当するものであるかどうかを確認するものです。
診断書を審査した結果、軽くなっていないと判断されれば打ち切りにはなりません。


障害の状態が軽くなったと判断された場合、1級から2級への変更や支給停止になる場合があります。


等級が下がった場合、『障害基礎厚生年金額改定請求書』に診断書を付けて出したり、支給停止の場合は『年金受給権者支給停止事由消滅届』に診断書をつけて提出することができます。

その障害の程度に応じて等級を変更してもらったり、支給停止を止めてもらう手続きができますので、いったん止まっても次の時点で障害が重いと判断されればまた支給される場合もあります。

参考URL:http://www.sia.go.jp/infom/text/kokunen08.pdf


詳しくは役所の年金課などに聞くのがよろしいかと思います。


継続と判断されるといいですね。

jyu********さん

2011/9/1920:19:21

身体障害で障害基礎年金受給者です。
>また初回申請の時のように病歴 就労状況等申立書等を作成し診断書等を添付し手間ひまと時間をかけて再認定をまつものなのでしょうか。それとも主治医の申請書の提出だけですむものなのでしょうか
更新時は、医師の診断書を提出すれば良いので申請時のように沢山の書類は必要ありません。
>受給期間延長のための申請は難しいのでしょうか。
この期間は年金機構が決定しますので、自分から申請して変更されるものではありません。
障害の種類や状態によって総合的に、次回診断書提出年月が決められます。
有期認定の場合は、当初は期間が短くても、同じような状態が続いていれば次第に長くなり、最長5年での更新になります。

悪い事が重なり、ご家族の皆さんもさぞお疲れのここでしょう。
今は暗く辛くても、きっと明るい光が見えて来ると信じて力を合わせて乗りきってください。
何もお役に立てませんが、全てが良い方へ向かいますよう願っております。
どうかお大事になさってください。

saw********さん

2011/9/1914:07:04

次回審査は診断書のみの提出となります。

誕生月に年金機構から診断書書式が送付されてきます。これを医師に書いてもらい郵送で返信することになります。病歴申立書等の提出はありません。

精神が有期2年と限定されているものではありません。症状により2年の人もいれば、5年~7年の人もいます。今回の診断書をもって回復が見られなければ有期年数が伸びることもあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる