三国志って結局誰が勝ったのでしょうか? wikiで調べたのですが蜀が滅んだ辺りからごちゃごちゃしていて良く分かりません 詳しく教えて頂けると助かります

中国史14,723閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

13

13人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

a_p_alexakis_thorsさんのおっしゃった通りですが、呉の太子・孫登の死は、確かに孫権が死んだ前のこと・・・

0

三人の中では誰が勝った負けたはありません。 これは実際にあった歴史を元にした小説なので、解釈の仕方は様々。 統一国家だった漢の重臣になりながら独立国をふたつも出してしまった曹操が負けたとか、蜀も呉も魏に負けたから勝ったのは曹操(の子孫)とか、三人ではなく四人目の司馬氏が最終的な勝利者だとか、解釈によって異なります。 まったくの作り話だったら誰が勝ったかはっきりしますが、歴史なのと三国以外の人間が晋を建国したことで誰が勝ったかは解釈による。 晋が問題なく長期政権を樹立できていれば三国志は単なる戦国時代で晋が勝って終わりだけど、晋もあんまり良い国じゃなかったですからね。

0

諸葛亮が病没して蜀軍が退却した後、魏では司馬懿とその子の司馬師・司馬昭が反対する勢力を倒して実権を握った。 魏が蜀を滅ぼして数年後、司馬懿の子の司馬昭は亡くなり、その子の司馬炎が魏の皇帝を退位させて自分が皇帝となった(魏の滅亡 晋の建国)。 それから20年ほどして、司馬炎は呉を攻撃して最後の皇帝孫皓は降伏し、呉は滅亡した。 天下は司馬炎が統一した。【おわり】