ここから本文です

交流回路でRC直列回路とRC並列回路のインピーダンス(合成抵抗=Z)の計算式...

kyo********さん

2006/1/1011:40:19

交流回路でRC直列回路とRC並列回路のインピーダンス(合成抵抗=Z)の計算式を教えて下さい・・・・Z=○○○
ちなみにRL回路の場合はZ=(R2乗+L2乗)の平方根(ルート)ですよね。

閲覧数:
15,236
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tab********さん

2006/1/1016:43:25

>RL回路の場合はZ=(R2乗+L2乗)の平方根(ルート)ですよね。 <
違います。
RL回路の場合はZ=(R2乗+(2*π*f*L)2乗)の平方根(ルート)です。
同様に
RC回路の場合はZ=(R2乗+1/(2*π*f*C)2乗)の平方根(ルート))です。
*は乗算記号

合成抵抗をZ0とすると
RL直列の場合、正しくは
Z0=Zr+ZLでR+jωLです
RC直列は
Z0=Zr+ZCでR+1/jωLです。
RL並列の場合は
Z0=(Zr*ZL)/(Zr+ZL)でR*jωL/(R+jωL)
RC並列は
Z0=(R*1/jωC)/(R+1/jωC)
となり、抵抗2個R1,R2の直列、並列接続と同じになります(R2をjωL、1/jωCに置き換えるだけ。
後は虚数単位jに注意しながら絶対値を求めます。
ω=2*π*f、fは周波数、πは円周率
^は累乗記号、j^2=-1

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる