ここから本文です

自転車(サイクリング)って、本当に足腰に有効なんでしょうか?? 有酸素運動とか...

ere********さん

2011/9/2916:17:24

自転車(サイクリング)って、本当に足腰に有効なんでしょうか??
有酸素運動とか言いますが、体に良くても、足腰を甘やかすことにならないんのでしょうか?
どんな自転車なら、体に有効なのでしょうか?

◆ ◆ ◆

知り合いの方が、便利なので、すぐそこまででも自転車を利用していたら、ある日、歩くことが出来なくなったらしいのです。
しばらくして、杖を突くようになりました。別に、足の病気とか、腰の病気とかではありません。

◆ ◆ ◆

私も7年くらい自転車に乗っておりました。
すぐそばはもちろんのこと、買い物や、4キロくらいの遠距離ならば、自転車で移動していました。
ほとんど歩くということをしないくらい自転車ばかり乗っていました。


ところが、ある日、空気の入れ過ぎでタイヤがパンクしてしまい、新しいものを買うか迷って、しばらく歩いて買い物などに行っていました。

歩くとなんだか、変なのです。歩けないのです。
歩けない・・足元がふわふわして、痛みがあるような、ないような・・・
まったく歩けない、前に足が出ないとかそういうことではないのですが、とにかく、歩いた感じが変なのです。
また、家で畳から立ち上がる時も、今まではそんなことはなかったのですが、ひざにうまく力が入りません。
ひざに手をついて、「よいしょ!」と声をかけながら、立ち上がるようになりました。
階段もひざに手をついて、一歩一歩登るようになりました。

◆ ◆ ◆

1.本当に、自転車に乗る事は、足腰にいいことなんでしょうか?
私が乗っていたのは、シティサイクル 22インチの小さめの自転車です。ギアはありません。
ほとんど坂のない平坦な街です。買い物に利用していましたが、多くても5KG程度の買い物を前籠に入れていました。

2.体にいい自転車って、どんなものなのでしょうか?
シティサイクルでは、だめなんでしょうか?ハンドルの位置とか、前傾姿勢とか、なにか違うのでしょうか?
自転車は体重を足で支えないわけだから、太ももの筋肉は鍛えられても、腰や足全体の筋力は落ちるんでしょうか?

◆ ◆ ◆

歩けなくなると困るので、今後、自転車に乗るのをやめようか迷っています。
お分かりになる方、どうぞよろしくお願いします。

閲覧数:
6,902
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jit********さん

2011/9/2917:31:09

要は、乗り方なんだと思います。
プロのロードレーサーなど、自転車ばかり乗っているので、歩くのはつらいということを良く聞きます。
また、ツールなどの大きなレースに出るプロは、シーズン中は、自転車に乗る以外は、足をほとんど使わないようにする選手もいるようです。極端な選手は、エスカレーターも座るなどするそうです。
10年ほど、マウンテンバイクとロードバイクに乗っていた経験がありますが、よく自転車に乗っていたころは、歩く走るというのは苦手になるほどでした。仕事で同じ距離を、職場の同僚と走った後、次の日に自分だけ筋肉痛になりました。自転車に乗る(ペダルを回転させる)のと、実際に地面を蹴って歩く・走るのとは、同じ足でも使う筋肉は全く違うようです。(専門的に言うともう少し違うかもしれませんが)
ただ、自転車は、長時間継続して有酸素運動ができ、同じ時間運動するにしても、歩く走るより、足にかかる負担は少ないので、長時間有酸素運動をするという目的には、非常に有効だと思います。30分走るのは、大変ですが、30分自転車に乗るのは、ちょっと努力すれば可能です。でも、30分体はよく動かしているので、運動にはなっているんです。
通常の生活は、公共交通機関を使って通勤しよく歩くなどする方が、休日に、運動するという目的で自転車に乗るのであれば、歩く筋肉も使いますし、自転車で適度な運動もできます。
しかし、通常の生活の中で、あまり歩くことなく、どこへ行くのも自転車で移動するという方は、歩くなどの筋肉を使う場面がないわけですから、ご質問の通りになる可能性は十分にあると思います。
今も運動で自転車に乗りますが、基本的には、高齢になって必要な筋肉は、歩く・立っているときに体を支える・立ち上がるなどの筋肉が必要ですから、ウォーキングが、もっとも体にいい運動ではないかと最近思うようになっています。
ご質問の回答としては、
1.自転車に乗ることだけでは、足腰にいいとは言えません。
2.体にいい自転車・・・使用目的(スポーツ・フィットネス・買い物など)によりいろいろあると思います。純粋なスポーツとしての自転車は、空気抵抗の軽減などから前傾姿勢を取るポジションになりますが、通常の生活の中で使用する程度の自転車であれば、シティサイクルで充分だと思います。
自転車に乗ると太もももが鍛えられるとよく考えられますが、それも乗り方により全然変わってきます。思いギアで、ガンガン踏んでいくような自転車(競輪など)では、確かに鍛えられ太くなりますが、ロードレースやマウンテンバイクなどくるくる回す自転車では、逆に細くなる場合もあります。ただ、あくまでペダルを回すための筋肉になるので、普段の生活に必要な筋肉とは少し違います。
自転車だけに限定するとその筋肉しか鍛えられないので、普通の人は、いろんな動きをして総合的に体を使うのがいいと思います。
ましてや、高齢になることを考えれば、ウォーキングなどは大切な運動だともいますよ。
知人に、77歳男性で、乗鞍のヒルクライムに出場する人がいますが、そういう人は、それまでの筋肉の育ち方が違うと思います。

質問した人からのコメント

2011/10/5 11:26:34

降参 お二人の方に、とても有効な回答を頂きました。専門的な見地で、おしえていただいたり、ウォーキングのことを教えていただいたり、お二人の方に感謝です。ありがとうございました。買い物は自転車で、そのほかはなるべく歩くことにしようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gin********さん

2011/9/2918:02:19

買い物や移動手段として数キロ長くても10Kmまでを
時速15Km程度で乗っていると仮定した場合です

自転車に乗って歩けなくなったとの因果関係が不明です
ので、まず整形外科を受診され原因と何処が悪く
なって歩けなくなっているかをドクターに詳しくお尋ね下さい

上のような使用方法で正しく乗っていれば膝の痛みや
歩けなくなるほどの障害は起こることは聞いたこと
ありません。
何か別の原因があるように思います

シティサイクルは軽いギアですのでそれで
ペダリングしても膝を痛めることは少なく、
歩けなくなるほどの障害が出ることは考えられません

考えられる原因は自転車のサイズ、ハンドルとサドル
までの距離(トップチューブ長)が非常に大切で、
長すぎると前傾が強くなる短いと身体が垂直になり
骨盤の位置、や骨盤の傾き具合により
長短どちらも腰に負担がかかり腰痛の原因になります

次にサドルの高さが合っていない
良くあるのがサドル高さが不適切(低すぎる)でペダルが
一番下に下がった時に膝が軽く伸びる高さです
低すぎるとペダリング中に膝より前につま先がある乗り方になり
確実に膝の故障が発生します

質問の使用方法で筋肉量が増えたり、筋力がアップ
することはありません、乗らないより乗った方が良い程度です
シティサイクル、婦人自転車、通学用自転車などの
日常使用では身体に良い悪いとの判断難しく思います。
身体に良い乗り方とは正しいフォームで正しいペダリング
軽いギア設定でクルクル、クルクルペダルを連続して
回し続け、少なくとも30分以上休憩なしでしゅう3~5回
自転車に乗ることです、この乗り方で有酸素運動になります

その様な乗り方が出来るのはクロスバイクがあります

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる