ここから本文です

ソーラーパネル、太陽光発電、家庭につけて損した人いますか?毎月どれくらい赤字...

kin********さん

2011/10/314:44:14

ソーラーパネル、太陽光発電、家庭につけて損した人いますか?毎月どれくらい赤字ですか?得した人もどれくらい黒字ですか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
31,631
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ots********さん

2011/10/910:20:40

こんにちは。 新車を買って、毎月どのくらいの赤字を垂れ流していますか?という質問とおなじで回答は難しいですね。 ただ、車に関しては元をとるなんて言う考えはまったく誰もありません。 また元はまったく取れないものになっています。 横道にそれましたが、投資対効果で考えてみると、太陽光発電システムを設置すれば、①毎月の電気代が低減できる(昼間の発電電気の自家消費で、電力会社から買う電気が減る、②余剰電力の売電による利益。 の2つのメリットが数字で見れます。 よって、初期投資の金額を毎月の低減効果で割り返せば、損益分岐点(ペイライン)が見えてきます。 そして、システムは10年保障なので、10年以内での損益分岐点を設定できれば、リスクは限りなく0に近づきます。(自然災害等を危惧される方は自然災害補償に加盟するなど) そして、10年以降の経済メリットが黒字分になり、その後15年目程度でのパワコンの基盤交換での数万円の費用を加味しても、黒字は継続します。(基盤交換しなくても、ホームセンターなどで、全メーカー対応の交換用パワコンが298や398で売られることもあるでしょう。) 我が家の収支ですが、毎月平均で1万程度の儲けになっていますので、年間で12万の利益(10年間で120万)がでます。 ただ、投資対効果として、昼間の電気代低減効果(以前支払っていた電気代からの低減)+売電効果では約2万円ほどになりますので、年間で24万(10年間で240万)投資が230万程度なので10年以内で資金回収(約10年間は赤字ということ)ができ、それ以降は儲けのみという図式です。 何よりも投資費用が必要なので、直ぐに資金回収を願っている人向きの投資ではありませんが、今後の電気代の高騰が青天井になることを考えれば、経費削減の1つの手段になりえるとおもっています。(システムの寿命といわれている25年や30年程度をベースに試算したら、間違いなく黒字化商品です)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bab********さん

2011/10/317:42:05

毎月の電気代と売電代だけで「損得」を言うのはおかしいと思いますが。
現金収支が黒であるか赤であるかなら客観的な事実として言えますが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる