ここから本文です

卒論への取り組み方について質問があります。 心理学を専攻している大学3回生...

ogy********さん

2011/10/515:47:27

卒論への取り組み方について質問があります。

心理学を専攻している大学3回生です。

心理学の研究が楽しいことと、卒論で慌てたくないために今年の7月頃から卒論の準備を始めています。
そろそろデータを取るために調査紙を用いた調査アンケートに取り掛かろうと思っています。データが集まれば早速データ解析に入るつもりです。
ですが僕の周りにはまだ卒論に取り組んでいる学生はおろか、テーマすら決まっていない学生が大半です。
3回生の秋冬の段階で卒論を書きはじめようとしているのは気が早過ぎるでしょうか…腰を落ち着けて時間をかけてテーマに関してもっと煮詰めてから取り組んだ方がよいでしょうか。

皆さんは卒論への取り組み方、どのような感じでしたか?

よろしくお願いします。

補足皆さんとても詳しく有難うございます。
研究室の教授は学生の教育にあまり熱心な方ではないのであまり相談ができず…先輩方に指導して頂いています。
いま取り組んでいるものは自主研究として進めていってみようと思います。
有難うございました。

閲覧数:
933
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2011/10/522:55:27

卒論でSD法利用のアンケート調査をやりました。

質問者さんは既に研究室に所属していますか?所属しているなら、何よりまず指導教授と相談してください。
質問紙法による研究は、調査後(データ分析)よりも実施準備に時間と神経を使うべきです。確かにデータさえ取ってしまえば気は楽ですが、不備があれば丸ごと無駄になる危険もはらんでいますので。
それに、卒論ですと恐らく大学内で調査を実施することになると思いますが、今4回生の方々がまさに取り組んでいるわけですよね。彼らの邪魔になってしまうという可能性も考えたほうがよいかと。

しかし研究にとても意欲をお持ちのようなので、卒論とは別に、自主研究として取り組んでみてはいかがでしょう?
卒論でやりたいテーマの予備研究的なものなら、本番の研究をより良くする(より的確にテーマを設定する)ことができます。
また、論文執筆までひととおり経験すると、研究のやり方がわかるので、就職活動で忙しくなっても卒論で慌てるなんてこともなくなると思います。

質問した人からのコメント

2011/10/6 21:47:51

大変参考になりました!
有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mif********さん

2011/10/522:13:35

卒論は卒業研究の成果ですよね?

普通は研究室に入り、指導教官の指導を仰ぐのではありませんか?

早くからやればいいものができるとは限らない気もします。

ao_********さん

2011/10/518:19:42

心理学を専攻している者です。
私は、3年生の冬頃から取り組み始めました。
3年生でゼミに配属された後は、心理学の勉強をしつつ、自分の興味のある分野の論文を読んだりし、卒論のテーマを絞っていきました。
私が質問紙で調査を取ったのは、4年生の春頃でしたが、
3年生の冬に予備調査のためのデータを取っている人もたまに見かけます。
なので、特別早いということもないんじゃないでしょうか。
ただ、あまり深いテーマではなく、ちょっとデータ取って分析して終わりって感じの卒論を考えているのなら、焦って今から手を付ける必要もないと思いますよ。
指導教員の先生と相談しつつ、じっくり煮詰めていった方が良いんじゃないかなと思います。

dos********さん

2011/10/518:00:03

卒論対策は早ければいいかもしれませんが、今は関連する本を読んでしっかりと教養と専門知識を深めてください。取り組むタイミングはゼミの先生と相談したほうがいいです。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる