化学の電池で 陰極,陽極と正極,負極の違いがわかりません。 教えてください。

化学の電池で 陰極,陽極と正極,負極の違いがわかりません。 教えてください。

化学42,098閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

7

電池には陽極/陰極、アノード/カソード、正極/負極の三通りの言い方があって混乱しますよね。 陽極/陰極は、電位の高い方/低い方 アノード/カソードは、溶液から電子を集める方/溶液へ電子を放出する方 電気分解のときは両者が一致しますが電池のときは逆転します。蓄電池では充電時と放電時でアノードとカソードが逆転してしまいます。そこで電池に限り、逆転しない正極/負極と言い直しました。ということは、陽極/陰極と全く同じ。電池のときだけそう言う ミ ゚ д゚ミ [追記] > 電池では「陰極・陽極」とは言いませんよ.必ず「正極・負極」です.電気分解の場合は「陰極・陽極」で「正極・負極」とは言いません. ああ、高校教育・受験教育ではそういう風に割り切るのか。これ、翻訳の問題なんだよなー。もとから欧米では電流の向きで区別する anode / cathode が主流だったらしい。が、電池ではこれが逆転するので電位の高低で区別する positive / negative electrode とも言うようになった。で、 ・ 明治の日本人が電流の向きで区別するとは理解せず anode / cathode を陽極/陰極と訳し、電位の高低で定めることにしてしまった。 あるいは ・ positive / negative electrode を陽極/陰極、正極/負極と二重に訳してしまった。 いづれにせよ、国語の陽極/陰極と正極/負極は定義が一致するので区別する意味が無い。ところが欧米では anode / cathode と positive / negative electrode が常には一致しないので 「気をつけろ」 と言われる。それを考え無しに持ち込んでかえって混乱を生じている。あほか。 いやまあ陽極/陰極が anode / cathode の訳語としてつかわれていることがあるので区別しといた方が確実なんだけどね ミ゚仝 ゚ "ミ

7人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

電池では「陰極・陽極」とは言いませんよ. 必ず「正極・負極」です. 電気分解の場合は「陰極・陽極」で「正極・負極」とは言いません.

5

電気分解するとき、電源の(-)局につなぐほうが陰極、 電源の(+)極につなぐほうが陽極です。 電池の場合は、電子を発生するほうが負極、電子を消費する ほうが正極です。2種の金属を電極に使用するとき、 イオン化傾向が大きい金属が負極になります。

5人がナイス!しています