クーリングオフと消費者契約法の違いとは何ですか?

クーリングオフと消費者契約法の違いとは何ですか? テストでいつも間違ってしまいます!! 違いを簡潔でいいので教えてください。

消費者問題775閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

何処で間違っているのかわかりかねますので、的外れかもしれませんが。 クーリングオフは、(規定された期間内であれば)(理由など不要で)消費者の一方的な意思表示で無条件に成立します。 対して、消費者契約法は契約の際に(法律で規定された)問題があれば契約を取消しすることが出来ます。 問題が無ければ行使は出来ません。 クーリングオフは消費者が一方的に行使できる非常に強力な権利であるため、法律で規定された(問題が生じやすい)限られた契約にのみに適用されます。その強力な性質上、行使可能な期間は8日(訪問販売)20日(連鎖販売取引)等、非常に限られます。 消費者契約法は、(一部例外はありますが)消費者が行う契約全般について適用されます。 クーリングオフについては下記も参考にどうぞ。 クーリング・オフって何?_国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_volunteer/mj-chishiki24.html 特定商取引に関する法律以外のクーリングオフのある法律の記載もあります。他にもゴルフ会員権契約等クーリングオフが規定されている法律は幾つかあります。 消費者契約法は「取消し」ですが、クーリングオフの場合、法律により、「撤回」「解除」等、様々です。 用語については下記を参考にどうぞ。 取消 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%96%E6%B6%88 撤回 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%92%A4%E5%9B%9E 解除 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%99%A4

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!!

お礼日時:2011/10/16 19:55

その他の回答(1件)

0

クーリングオフは特定商取引に関する法律で定められている、権利。 特定取引法 消費者契約法は、あくまでも、その名の通り消費者契約法。消費者が契約を行う際の事を定めた法律。 消費者契約法で、クーリングオフを認めてる訳ではありません。