「しっかり」の語源が「悉皆・しっかい」というのを聞きましたが・・・ 「しっかり」を今は、「確り」と書

日本語9,857閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

「悉皆」でないのは確かです。 「しっかり」はもと「しかり」。 あまり=あんまり にほん=にっぽん ばたり=ばったり などの二重子音(促音や「ん」)は強調形です。 「しかり」は「しか」+様態副詞・擬態語を派生する接尾辞「り」で、もとの語根が「しか」です。 「しか」は「しかと聞く」というときの「しか」で、これは yes の意味の間投詞です。 広辞苑をコピーすると: しか (3)(相手の言葉を肯定して、感動詞的に) そう。その通り。(平安時代は漢文訓読語に用い、男性の言葉として使われることが多い) 源末摘花「内裏(うち)よりかと宣へば、―、まかで侍るままなり」 つまり、「しかっり」は「然り」と同じ語源で、「そう、そのとおりだといえるように確認して」というのが原義です。 「たしか」はそれに接頭辞「た」(「たやすい」の「た」が)がついたもので同じ意味なので、「確り」と書くのは、常用音訓にはないですが、語源としては間違っていません。