ここから本文です

旧日本軍の上官の呼び方について

m1a2type74さん

2011/10/1322:55:47

旧日本軍の上官の呼び方について

上官に報告しに行くときは、部下は 「何々大将!」と言っていたのでしょいうか。

それとも苗字を言わずに、単に「大将!」と言ったのでしょうか。または「大将殿!」でしょうか。

それとも、「団長」とか「おやっさん」とかニックネームで呼ばれたのでしょうか。

教えてくださいお願いします。

閲覧数:
6,022
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yokakyokuさん

2011/10/1323:17:57

元陸上自衛官です。

なにぶん陸軍軍人ではなかったので正確な情報かどうかは保証できませんが、知っている範囲の知識を披露いたしますので少しでも参考なれば幸いです。
まず、陸軍の場合、下士官クラスは、班長!あるいは○○軍曹殿!○○曹長殿!となります。少尉から大佐までの将校はその補職名で呼ばれるのが通常だとおもいます。中隊長殿!、連隊長殿!となります。少将以上は、閣下!となります。が、旅団、師団、軍等の長である場合はすべて師団長閣下!と補職名プラス尊称(この場合、殿ではなく閣下)で呼ぶこととなります。基本的に階級で呼ぶ場面は少ないかと思われます。陸軍省でも、軍務課長・軍務局長・次官・大臣など役職名で呼称するのが一般のようです、
海軍の場合は、将官はすべて提督と呼称されます。とまあ、公にはそのように呼ばれますが、兵隊クラスは陰に回ってこれら雲の上の存在である将校連中を次のようにあだ名していたようです。例えば、中隊長(中尉・大尉が補職される)などは、チュウ公、連隊長は、レン公、将官はベタ金(階級章が金の下地であったため)てな具合に・・・

質問した人からのコメント

2011/10/15 09:02:30

ご回答ありがとうございます。

陸軍と海軍では違いがあるのですね。

陰口も面白かったです。

他のご回答者様もありがとうございました。とても勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2011/10/1323:28:49

海軍では姓プラス「階級」または「役職名」。陸軍では、将官以上には「~閣下」、佐官以下には「~殿」と呼びかけます。ただし「殿」については太平洋戦争も最期のころは省略してもよくなったという話を何かで読みました。

ryoy427さん

2011/10/1323:14:39

上官への報告は“勤務中の(儀礼的)動作”なので、階級をつけて呼ぶよりも、「~師団長」のように役職名をつけて呼ぶ方が正しいマナーであると言えます。
これが別の部隊の上官であったり、報告のような“儀礼的な動作”以外のときに上官を呼ぶ際は、「~中佐殿」のように階級に殿をつけて呼んでも宜しいかと判断できます。

ちなみにここまでは、現在の自衛隊と同様なマナーですが、将官の呼び方について旧軍では上述の役職名に加え、「~(姓)閣下」という表現が使われていた模様です。

woodwarkjqmpさん

2011/10/1323:14:34

将官は閣下だべなぁ。

面と向かっておやっさん、オヤジはねーべ。
敬称には厳しいからね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。