植物の質問、お願い致します。 一応500枚です。

植物の質問、お願い致します。 一応500枚です。 たくさん質問があります(汗 ①配偶体、胞子体、前葉体の違いは何か。 シダ植物の場合、普段見るのが胞子体で、コケ植物の場合、普段見るのが配偶体とは分かります。 また、前葉体がシダ植物にしかないのも分かります。 さらに、胞子体は無性世代、配偶体は有性世代とも分かります。 でも、やはりどこか何もわかっていないように感じます。 ②ゼニゴケで、雌器托と雄器托が同時に存在するのはありえるか。 ③無性芽とはなにか。 ④コケ植物の仲間で、蘚類、苔類、ツノゴケ類があるが、具体的な違いはなにか。(茎葉体、葉状体がどれ、など) ⑤シダ植物で、環帯とは何か。 ⑥シダ植物の仲間、シダ類、トクサ類、ヒカゲノカズラ類、マツバラン類の違いとは何か。 マツバラン類は原始的というが、具体的な理由とは何か。 以上です。一部でもいいので、教えてください。よろしくお願い致します。

植物686閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

①配偶体、胞子体、前葉体の違いは何か。 配偶子(精子や卵)をつくるのが配偶体,胞子をつくるのが胞子体ですが,高等植物では配偶体がとても小さくなって胞子体に寄生している状態なので,配偶体という概念が少しわかりにくくなっています. (花粉が胞子(小胞子)で,花粉が発芽した花粉管が雄の配偶体,といった具合です). 配偶体と胞子体がともに独立して存在しているのが,コケ植物とシダ植物です. 前葉体は卵をつくる造卵器,精子をつくる造精器をもっていますので,シダ植物の配偶体にあたります. わかったようでわからない気持ちになるのは,世代交代と核相交代が重なっているからかもしれませんね. ②ゼニゴケで、雌器托と雄器托が同時に存在するのはありえるか。 ゼニゴケ(Marchantia polymorpha)は雌雄異株のタイ類です.ですから同じ植物体の上に,雌器托と雄器托の両方をつけることはありません.ただし,雄・雌両方が偶然同じ群落をつくることはよくあって(そうでなければ有性生殖ができません.ゼニゴケの精子は,せいぜい数センチ程度しか水中を泳げないのだそうです),その場合雄器托と雌器托の両方が同時に同じ群落中に存在していることになります. 受精した雌器托では,ちょうど今頃黄色の胞子体をつけています. (春と秋の年2回,受精がおこります). ③無性芽とはなにか。 体の一部分が脱落しやすくなり,脱落したものはそのまま育って(あるいは一度原糸体にもどって),新たな親に成長します. つまり有性生殖をせずに子供ができるわけですから,「無性」芽と呼ぶわけです. 孫悟空が髪の毛を抜いて息を吹きかけると,わらわらと分身が生じるのと同じです.あるいはナルトの多重影分身? 問題は,親と子で全く遺伝的内容が同じだということです.素早く増えるのには有利ですが,多様性が失われてしまいます. ④コケ植物の仲間で、蘚類、苔類、ツノゴケ類があるが、具体的な違いはなにか。(茎葉体、葉状体がどれ、など) これについては, http://bryologist.blog.eonet.jp/default/2008/05/post-8da6.html が参考になります. ⑤シダ植物で、環帯とは何か。 胞子嚢が裂けて中から胞子がでてくるのですが,その裂け目が特殊になっていて(例えるとすると,ジッパーのようなもの),それを環体と呼びます.環体はパチンとはじけるように反り返りますから,胞子嚢が裂け時に中の胞子が勢いではじき飛ばされるのだそうです. ⑥シダ植物の仲間、シダ類、トクサ類、ヒカゲノカズラ類、マツバラン類の違いとは何か。 マツバラン類は原始的というが、具体的な理由とは何か。 これについては,他の方の回答を参考にしてください. 基本は,葉のつくりが異なります(楔葉類,小葉類,大葉類). 大葉類というのは,私たちが「葉」と呼んでいるものです. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%89 マツバラン類がもっとも原始的と言われたのは,体のつくりが簡単であるからなのですが,デボン紀から見つかる無葉類の化石植物(ライニー植物群)に姿形がよく似ていたため,その直系の子孫だと考えられていたというのも理由の一つです.

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧にありがとうございます。 頑張って理解します!!!!

お礼日時:2011/10/15 14:12