ここから本文です

サイダー、ソーダ、ラムネの違いってなんですか??

wor********さん

2011/10/1523:22:17

サイダー、ソーダ、ラムネの違いってなんですか??


閲覧数:
232
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sir********さん

2011/10/1613:14:40

サイダーはリンゴ酒のシードル(Cidre)が祖先。砂糖、香料を加えた炭酸水で、日本には明治40年に登場しました。一方ラムネは炭酸水に砂糖とレモン水を加えたレモネードが始まりで、登場は明治以前です。長い年月を経るうちにシードルはサイダー、レモネードはラムネと変化してきました。

ソーダ(炭酸水)とは、炭酸ガスを含む水のことをいいます。ソーダ水・ソーダとも。泡を立たせ、飲み物を独特のものにするのが特徴。歴史的に最初のソーダ水は、レモネードに炭酸水素ナトリウムを加えた物だとされる。炭酸水素ナトリウムとクエン酸の化学反応によって炭酸ガスを作っていた。
サイダーに相当するものは英語でソーダ (soda) と呼ばれる。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

har********さん

2011/10/1600:41:15

ソーダはただの炭酸水を意味します




サイダーは、フランスやイギリスの

シードル
(りんごのワイン)
が、日本風になまった物で、現在では本来の意味とは違う使われ方になっています


ラムネも、元々はレモネードというのが、日本風になまって
ラムネになっています


今の日本ではサイダーとラムネは、使われている香料が異なるだけで、

ほとんど一緒の物になります

tom********さん

2011/10/1523:28:12

サイダー
→ リンゴ酒のこと。もともと発泡酒であったものを、「発泡」の部分だけを真似たのが日本のサイダー。

ソーダ
→ 炭酸ナトリウム(重曹)のこと。水に入れると泡立つことから、見た目が重曹水に似た飲み物もソーダと呼ぶ。

ラムネ
→ レモネードの古い読み。昔はレモン味が定番だった。

です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる