双子の出産方法 一卵性双生児妊娠中、ただいま35週です。 今日のエコーで1人が2500グラム、もう1人が1700グラムでした。

双子の出産方法 一卵性双生児妊娠中、ただいま35週です。 今日のエコーで1人が2500グラム、もう1人が1700グラムでした。 1人が小さめとの事で33週から管理入院しています。8ヶ月迄、小さい方の子が逆子だった為、帝王切開の予定でした。 が、治ってしまい先程担当医師から自然分娩で産みましょうと言われました。 選択の余地はない感じでした。 ショックです… 1人目の時に、難産だった事(30時間)回旋以上があり7時間もイキんで産後酷い痔を患い手術し散々な目にあった事を訴え、帝王切開にしたいと希望したのですが、聞き入れてもらえませんでした。 今更、病院を変えるワケにはいかないし、もう覚悟して下から産むしかないみたいです。 双子の自然分娩は事故も多いと聞きます、双子を自然分娩で産んだ方の体験談等、お伺いしたいです。 又、1人目は難産だったけど2人目はスムーズだった等などのお話も聞きたいです。帝王切開もノーリスクではない事は承知していますが、双子の出産は患者に選ぶ権利があってもいいと思いませんか? こんな気持ちのまま、出産に臨めません…

補足

皆様。ありがとうございます。futagmさんは以前も回答頂いて強く印象に残っていました。担当医師は日本に5人しかいないと言われる双胎間輸血のレーザー治療ができる双子のスペシャリストと言われています、県外からの双子妊婦も多く受け入れています、多分自然分娩に自信を持たれていると思います、これから出産を委ねる担当医と険悪になりたくなくて渋々承知しましたが1人赤ちゃんが小さい事を思うと恐くて…涙が溢れてきます。

妊娠、出産18,676閲覧

ベストアンサー

0

うちは自然分娩を医師が強行して第二子が重症仮死→低酸素性虚血性脳症→てんかんを併発→現在、重症心身障害児です。最初から帝王切開していればこんなことにはならなかった、と後で医師から言われました。事故が起こってから言われてももうどうしようもありません。後悔しか残っていません。自然分娩であれば、こういった事故も十分起こりえます。帝王切開であればこのような事故は起こりません。その分、リスクは帝王切開の方が低くなります。 患者の要望を聞かない病院・・・もし事故が起こった場合の責任はどうするつもりなのか、その医師に確認してみてはいかがでしょうか。余程双子の自然分娩に自信をお持ちの医師のようですが、事故はいつでも起こりえます。私の主治医も同じようなタイプの医師でしたよ。起こるべくして起こった事故だと思っています。そのくせ、「あなたがあまり強く帝王切開を希望していなかったから・・・」と患者の責任にすることだってありますよ。 多胎の自然分娩ではやはり事故が多いです。それが現実です。私の子供のような悲劇は、帝王切開であれば回避できます。どう考えても、子供達にとって一番リスクの低いのは帝王切開です。経験して本当にそう思います。出産方法は患者に選択権があります。そこは決して譲らず強く希望して下さい。それでも拒否するようであれば、「何かあったときには先生が個人的に責任を取ってくれるんですか?!」くらいは言っていいと思いますよ。私は双子の自然分娩事故を経験しているので、間違っても自然分娩を勧める事なんて出来ません。回避できるリスクは回避するべきだと思っています。自然分娩で無事だった人は「自然分娩でも全然大丈夫」と言えるでしょうが、私と同じ経験をしていたならきっと意見は違っているはずです。後で後悔するより、今頑張った方が絶対にいいです。医師にきちんと自分の意思が固いことを伝え、決して譲らないで下さい。自然分娩で大丈夫、なんてことは誰にも保証できませんから。お子さん達を守ることができるのは質問者様だけなんですから、自分の意思を大切にして下さい。頑張って! 補足、拝見いたしました。 いくらその道のスペシャリストだとしても、事故が起こるときは起こります。患者の要望を全く聞かないなんて考えられません。ましてお1人が小さくてご心配されているのですよね?そんなに不安で心配な気持ちを抱えながらの自然分娩なんてかなりキツイと思います。察するに、相手の医師は相当の自信とプライドをお持ちのようですね・・・非常に厄介です。私の担当医も名医として評判でしたが、実際蓋を開けてみると惨憺たるものでした。そういうプライドの高い自信家ほどミスを犯しやすいんですよ。本当の名医は、自分の考えだけを患者に押し付ける事はしません。患者の意思や気持ちを考えながら患者の為になる方法を選択するのが本当の名医ですよ。質問者様の意志や気持ちを無視するような医師は名医ではありません。帝王切開を強く希望することで険悪になるくらいなら、他の医師にお願いした方がまだ安全な気がします。いくらスペシャリストと呼ばれる医師であったとしても、一番大事なのは患者である質問者様の意思です。何を言われても「絶対に帝王切開でお願いします!」と貫き通して下さい。それで分娩を拒否されるようであれば、その医師は人として最低だということです。どうしてそこまで自然分娩に100%の自信があるのか理解できませんが、もし何かあったときには責任を取ってもらうと一筆書いてもらってはいかがでしょうか。「帝王切開の方が自然分娩でのリスクを回避できると私自身は思っているので、どうか帝王切開にして下さい!」と諦めずに言い続けてください。質問者様だけではなく、ご主人やご両親と一緒に嘆願した方がいいと思います。それを無視するようであれば、その医師とまではいかなくても別の大きな病院へ転院するのも最終手段として考えてもいいかもしれません。もう35週ですので何とも言えませんが、ご家族一同で「帝王切開にして下さい」と訴えた方がいいと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様の意見を伺い、勇気を出して自分の気持ちを書状にし医師に提出しました。今度主人と義母(養護学校勤務経験有りで帝王切開を強く押していた)を交えて担当医と話し合います。ただ難航はしそうな雰囲気です。futagom様熱心に回答頂き有難うございます、モンスターペイシェントと思われようが頑張ってみます。

お礼日時:2011/10/24 16:01

その他の回答(3件)

2

一度帝王切開をしてしまうと、次の子の分娩におけるリスクが上がってしまうため、特に異常がなければ帝王切開せずに自然分娩で臨まれる方がいいと思います。 帝王切開をした場合、子宮の切開部分の伸縮が悪くなるため、自然分娩をするといきみが十分かけられず、分娩停止や最悪の場合は子宮破裂を起こすからです。 また帝王切開は麻酔を使いますので、少なからず児に危険が伴いますし、産道の圧迫を受けないため肺の羊水が抜けにくくなります さらに手術で傷を作るため、そこから細菌感染を引き起こすリスクもあります。 もちろんどの病院でもあらゆるリスクを最小限に抑えるべく処置を行いますが、必ずしも危険がないわけではありません。 そのため質問者様が時間をかけて我が身を削りながら一生懸命出産されたことは大変素晴らしいことだと思います。 しかし双子の場合は事情が異なり、先程の帝王切開のリスクより、自然分娩の方がさらなるリスクとなります。 回旋異常、双子同士の身体や臍の緒が絡みあって分娩停止、片方を出産後に胎位が変わり逆子による分娩停止、子宮が伸展しすぎていきみが不十分になりやすい…などが双子の自然分娩に伴うリスクです。 必ず自然分娩で産めなくはないですし、産まれてしまえば帝王切開よりリスクは少ないのですが、本来なら双子の自然分娩におけるリスクを納得した上での出産でなければなりません。 医師はそれを説明する義務がありますし、患者はそれを聞く権利があります。 どうか遠慮なさらずに医師に聞いてください。 リスクを背負うのは医師ではなく、あなたと二人のベビーちゃんです。 そして治療を選択する権利は医師ではなくあなたにあります。 できればあなた様のご希望通り、帝王切開の方がリスクの少ないお産かと思います。

2人がナイス!しています

0

二人に体重差があり、一卵性であるのに、何故帝王切開の希望が通らないのか、しっかり医師に食い下がってください。 自然分娩で一人が出たあと、お腹の中に隙間ができた事で、二人目が向きをかえてしまい、取り上げるのが遅れたり臍の緒が首にからんで窒息したりして、死産や障害が残る可能性もあるんですよ? あと、普通分娩だと保険適用外にもなり、費用にも負担がかかります。 あたしも一卵性双子を産みましたが、あたしのお世話になった病院は、基本的に双子は帝王切開で、赤ちゃんの向きが大丈夫なら、自然分娩の希望もできますってとこでした。 帝王切開は、母体にリスクはありますが、赤ちゃんには普通分娩よりリスクが少ないので、どうしても帝王切開が良いと医師に話してみてください。 双子の出産本なんかを見せ、自然分娩の少なさをアピールしてもいいかもしれません。 補足読みました。 レーザー治療ができるとなると、あなたがもし東海圏なら、たぶんあの病院かな~なんておもいました。 医者って、本気でプライドが高いので、更に腕に評判がある医者なら、ちょっと意見するのは難しいですよね。 …医者のプライドを傷つけない言い方として、「帝王切開なら健康保険が適用になりますし、個人で入ってる保険(アリコなんかに入っていれば)も、帝王切開だと保険が下りますので、できれば帝王切開にして欲しいです。」と頼むという手はどうでしょうか? 下手に出れば、聞いてくれるかもしれませんよ?

0

私が通院してる病院(NICUもある総合病院)では、多胎の場合は頭位でも帝王切開がほとんどとの事でした。 やはり単胎に比べてリスクが高いですし、胎児と母体の安全が最優先されるべきかと思います。 各病院や医師によって考え方や方針は色々でしょうが、よく話し合ってみるべきです。