ここから本文です

いっそ電力事業は完全自由化してしまえばどうでしょう? 電力会社にとって送電網...

hib********さん

2011/10/2519:53:16

いっそ電力事業は完全自由化してしまえばどうでしょう?
電力会社にとって送電網は鉄道会社の鉄道網のようなもので
国鉄が民営化した時でも鉄道網を他社に開放など
しなかったので

電力事業新規参入組も
自由化しても送電網は電力会社のものには変わりないので
新規参入する事業者は送電線の敷設から行うべき
しかしそれではハードルが高いので電力会社に送電料金を払っての
電力事業は認めるべきです
送電料金は完全自由化ですので経産省が勝手に決めるのでなく
電力会社と新規事業者と消費者の話し合いで決めるべきものです

完全自由化すればハイリスクで周辺自治体へ金のかかる
原発から一斉に撤退しみなさんの希望どおり、すぐ原発は全廃になります

完全自由化ですから、電力会社の消費者の希望に対する
100%の送電義務はなくなり
夏場の一時的電力需要増加に応じる義務もなくなり
節電の呼びかけと計画停電で済んでしまう又は
夏場の一時的電力使用量増加分は3倍の料金をとるとか
電力会社の裁量になります


夏場の一時的電力使用量上昇がなければ
電力会社の設備投資は半分程度で済み
電気料金は安くなるかもしれないではないですか?

閲覧数:
333
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lun********さん

2011/10/2608:57:40

発電に関してはそうですが、送電網だけは独占というより大規模化したほうが経済効率は上がるようです。この点自由化に限らず擬似的に地域の境をなくすことで送電開放も十分あってよい選択肢です。

質問した人からのコメント

2011/10/31 03:23:56

しかし送電設備は保守管理設備投資資金は誰が負担するのか
決めないと米国のように老朽化しませんか?
少なくとも東電管内は自由化は無理
原発事故補償費用が払えなくなる
事態になれば困るのは政府ですから

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uni********さん

2011/10/2608:40:48

大賛成です。外国では送電と発電は別会社とかありますよ。使用者(市民)が選べるようになっています。原発をしてる発電会社は選ばないとかです。日本の電力会社は言わば独占企業、族議員もいて変革するのは至難の業。東電の大きな問題が起こらなかったら、誰も疑問を感じなくて以前のままでしたよ。これを機会によりよく変革しなければいけませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる