ここから本文です

知的障害者を普通の学校に無理矢理入れた結果、クラスメイトの協力も何も受けられ...

skk********さん

2011/11/418:28:44

知的障害者を普通の学校に無理矢理入れた結果、クラスメイトの協力も何も受けられない場合ってありますよね…

始めに言っておきますが、僕は知的障害者の方をけなしているわけではありません。

中学時代、同じクラスに知的障害者の子がいました。
その子はまともに喋ることも出来ず、コミュニケーションもままならないので友達が寄り付くことはありませんでした。
加えて、入浴も数週間置きなので臭うんです。それでやはりどうしても僕たちは嫌悪感を感じてしまいます。
更に普段の挙動もやはり普通ではない上、集会などではその子のフォローも必要に。他の場面でもクラスに負担になることが多々あります。
よく『助け合いの精神』だとか『この子が一番大変なのだから、友達に協力してあげよう』とか言いますが、所詮そんなことは外野から言える綺麗事なのだと思います。
確かに"友達"であれば結果は違うのかもしれません。でもクラスメイトの立場から冷たく言ってしまえば、友達にもなれない彼は『お荷物』です。それをまだ12歳のクラス全員が笑って支えてあげられるほど、人間というものは強く出来てはいないと思います。
テレビなどで語られている美談などが、ごく一部の特例の話であるようにしか思えません。

テレビで"知的障害者の親が『普通の学校に通わせてあげたい』と言って教育委員会に直談判する"なんて話がありますが、ああいった話のその後は一体どうなってしまうのだろうと毎回思います。
僕から見て、中学にいた彼はいつも孤独だったし、明らかに苦労もしていました。
あんな状態で普通学校に通うよりも、万全の設備が整った障害者学校に通った方が本人のためな気がしてなりません。
"普通学校に通わせたいなんてのは、突き詰めて言ってしまえば所詮親のエゴだろ"と。


これは僕個人の勝手な解釈です。そこでみなさんの考えを聞かせてください。
出来れば、知的障害者の方と同じ学校で生活したことがある方にお願いしたいです。

閲覧数:
71,138
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koj********さん

2011/11/419:51:23

弟に知的障害があり、義務教育(中学)まで普通の学校に通っていました。
キョウダイながら、親に ちゃんと養護学校に行かせた方がいいと訴えましたが「かわいそう」の一点張りで。
ちなみに、当時障害児の数が少なくて特殊学級もなく 普通クラスで授業を受けていましたが案の定授業にはついていけず、周囲に迷惑をかけていたようです。
当時 通学できるところに養護学校がなく、そこに入学となれば入寮しなくてはならなかったので、親は余計かわいそうと思ったようです。

その弟は 母が亡くなった今 父のお荷物で 今になって父が「どうにかしてくれ」と私に頼んできますが、時すでに遅し。
親元で我儘いっぱい なんの教育も受けず しつけもされず 自立できないニートのアラフォーです。
自立のジの字もありません。
障害者全体がそういう状態でないのはわかっていますが、普通学級は特別な支援の必要な子供の教育場所にはふさわしくないと思います。
一握り たった一人の障害児がいるだけで 他の生徒の教育がおろそかになる状況は作られていいとは私は考えません。
反論される方もいらっしゃるかもしれませんが、ある程度知的障害がある場合は養護学校に入学させることを義務化するか、でなければ養護学校を無くして普通校で知的障害があってもちゃんと教育できる体制をつくるべきです。
教育現場の諸々の問題が表面化している現在 後者は難しいでしょうね。

「障害者 普通学級」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nat********さん

2011/11/508:19:05

同感です、親のエゴだと思います。

弟の同級生にダウン症の子がいましたが、気持ち悪いと言われてました。

私も学習障害がある子と同じクラスだったことがありますが、性格的にも問題があったのでクラスのお荷物でしたね。
その子はその後色々やらかし、少年院行きになったみたいです。

普通学級に入れたいという親は、現状がわかっていないのでしょう。
異質な物は排除するという本能に、子供が打ち勝つことができるとは思えません。

nak********さん

2011/11/423:18:48

皆さんの投稿を拝見すると、学校側の対応にも問題があると思われます。
私の友人の兄弟には重度の障害児がいましたが、地元の普通小学校を卒業しましたよ。しゃべれない・歩けない・自分で身体を動かすことも出来ない再重度の障害を持っていましたが、友達たちと一緒に保育園・小学校に通学しました。
障害児教育に力を入れている市だった為か全ての小・中学校には特別支援学級が有りました。
各学年に、身体・知的障害児の子がいましたが、みんなそれなりに受け入れていましたよ。
保育園・幼稚園から一緒だっとのも影響していると思いますが、先生達が問題行動や障害についてきちんと分かりやすく説明していたからだと思います。
ご両親も積極的に行事に参加し問題行動が原因で迷惑をかけたりすると、懇談会で謝罪すると共に説明もしていました。
今でも、特殊学級は各校にありますし、本人の状況に応じて普通学級にて授業を受けたりしています。
勿論、成長するに連れ、特別支援学校に転校する場合もありますが。

こんな実話もあります。
・幼い頃から一緒に成長してきた影響か、ご両親が中学は特別支援学校に進学させると分かった時に、とったクラスメートはご両親に00君と離れるのは嫌だ、自分たちが協力するから一緒の学校に進学させて欲しいとお願いし、結果本人も普通中学を希望したため地元中学に進学しました。クラスメートは約束通り中学3年間協力し続けました。
・難病の為車椅子になってしまった生徒が、地元高校にエレベーターがないために別の高校への進学を検討していると知ったクラスメートは、エレベーター設置の嘆願書を制作し署名活動を行いい、県・市・関係期間に働きかけ、公費でのエレベータ設置を勝ち取りました。結果、今でもその公立高校は身体障害を持っている生徒を毎年受け入れています。

障害を受け入れ家族も積極的に学校・地域と関わりを持ってきていると、状況が違うのかなと思います。
先生も決して甘やかしたりせず毅然とした対応をしていましたし、ご両親も積極的に学校に出向居ていました。
障害児教育に理解があったのも影響したかと思いますが、やはり幼い頃から一緒に育ってきたことが、一番影響しているのだと思います。
みんな、自然に受け入れ助けていました。だからこそ、普通校に通学する子が多かったのかもしれませんが・・

普通校に進学するか特別支援学校に行くかは、個々に寄って状況が違います。
周りが進学先を決めるのではなく、本人の意思だと思います。
私は、親のエゴだとは一度も思ったことはありません。
大変失礼ですが、親のエゴだという発想は今の障害児教育・教育指針に逆行する考えだと思います。
今の障害児教育は、進歩していますよ。

fut********さん

2011/11/423:04:45

特別支援学校が相当だと親が思っていても、特別支援学校は現在どこもパンク状態です。受け入れる器が到底足りていませんので、軽度の障害のある子は普通学校が相当と教育委員会から判定を受ける事に成ります。「どうしても特別支援学校に入学したい」と主張しても、重度の子から優先となるので軽度のグレーゾーンの子達は入学を受け入れてもらえないケースも多々あるというのが現実です。「ふさわしい学校へ入学するべき」というのであれば、その子達を受け入れる環境整備から始めなくてはなりませんが、国にはそこまでの予算はありません。また、特別支援学校の教師になりたいという人材も不足しています。「障害児は特別支援学校へ行くべき」という多数の意見がある中で、一方ではそういった現実があります。さて、どうすればいいのでしょうね?昔は普通に同じクラスにいた「ちょっと手のかかる子」が、今では「発達障害児」「学習障害児」などと区分されて障害児という烙印を押されます。そして「障害児は特別支援学校へ行け」と学校で言われることになります。確かに、親のエゴと感じられるような事もありますが、望んでも支援学校で受け入れてもらえなかった子供もいます。同じ環境にいる障害児でも、経過が真逆の場合もあるんですよね。これが現実です。
万全の設備が整った障害者学校に通った方が本人の為・・・そうかもしれませんね。でも、教育委員会からも「普通学校が相当」という判定が下ると普通学校への進学ということになってしまいますから難しいですね。特別支援学校がいくらでも受け入れ可能な環境であれば何ら問題は無いのでしょうが、そうじゃない現実がありますから・・・。皆さんで国に訴える運動でも起こした方が現実的な一番の解決策だと思います。「特別支援学校の受け入れ環境を整え、あらゆる障害児を特別支援学校へ入学させる制度を作って欲しい」と。それが健常児の為にもなるのでしたら是非そうするべきだと思います。頑張って下さい。

xxx********さん

2011/11/422:06:12

現在でもそのようなことになっているのでしょうか。(逆質問で申し訳ありません)

私は40代ですが、かつて自分が小学生の頃には確かにクラスに発達障害のある子がいまして明らかに顔つきも障害者的というか、一見して障害があるとわかる子でも普通学級にいました。

しばらくして、学校に養護学級が出来、移っていきました。

その子も、何か行事の時だけ一緒に参加するという感じになりました。

私には現在高校生の子供がいますが、これらが障害者だったらやはりそれにふさわしい学校に入れてやりたいですね。

普通にこだわるのは、逆に子供を否定していると思います。

知的障害者更生施設に勤務していた事もあり、社会で何も学ばずに大人になるよりも、個人に適した教育を受け、自分でできることを生かした人生を送れたならと思います。

gep********さん

2011/11/419:33:58

ただ単に普通学級で机を並べるだけでは、本人にメリットが出てこないケースの方が多いのではないかと思います。
介助員の配置、担任による十分な対応などが必要条件です。
社会全体としては「障害者の存在を知らしめる」「介助員などの条件が整わない中であえて普通学級に通うことで条件整備の必要性を訴える」などの効果はあるでしょうが、当の本人とクラスメイトにはデメリットが多いでしょう。
知的障害があって小中普通学級~定時制高校を全くお客様で過ごしてきた成人と、養護学校(現特別支援学校)で生活訓練などを受けてきた来た成人と両方接する機会があり、普通学級にいたことが当人によくない結果をもたらしていると実感しました。

以下は小・中学校時の体験談です。
同学年に二人(男女各一)の知的障害児がいました。男子のほうは単にテストで点が取れないだけの気のいい仲間として受け入れられていました。ただ、途中から特殊学級(現特別支援学級)に移っていきました。女子のほうは最後まで普通学級でしたが、授業中におもらしすることもあって気持ち悪がられていました。周りが彼女を助け合うというのが女子の一部(心優しく成績も良かった優等生たち)の間ではありましたが、全体としては拒否反応のほうが強かったです。
この二人の例をみると、障害の有無だけでなく、当人たちのキャラが影響していたと思います。
高学年から中学になると子供のほうも障害というものを理解し始め、「特殊学級のメンバーは障害があるから仕方ないのだ」とお豆さん的な扱いになっていきました。しかし、その特別扱いは普通学級にいた女子には適用されず、バカでトロくて気持ち悪いやつとしか扱われていなかったと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる