ここから本文です

すかんぴんを漢字で書くと素寒貧。これがどうも当て字くさい。私は、すっからかん...

mos********さん

2011/11/1406:16:55

すかんぴんを漢字で書くと素寒貧。これがどうも当て字くさい。私は、すっからかんなどと同じように、すかんぴんも擬音語だったのではないかと思うのですが。 あるいは、すっからかんの名詞形(?)がすかんぴんではないかと。「すっからかんのすかんぴん」と合わせて使うのを聞いたことがあります。
漢字が後付けかどうか、エチモロジー(語源学)に詳しい方からの回答をお待ちいたします。

閲覧数:
7,276
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2011/11/1408:08:05

まず、中国に「寒貧(かんぴん)」という言葉がありました。
「ものすごく貧しい」という意味です。
ちなみに、この場合の「寒」は「さむい」という意味ではなく、「貧しい」という意味で、同じ意味の漢字を重ねた強調表現です。

一方、江戸時代には「素(す)」という接頭語が、よく使われました。
強調の意味を表わすための接頭語で、「素浪人」であれば「ただの浪人」、ほかに「素っ裸」や「素っ頓狂(すっとんきょう)」など、あまり良くない方のニュアンスで使われることが多かったようですね。
「素寒貧」も、このようにして出来上がった単語のひとつです。

……『日本国語大辞典』より。

質問した人からのコメント

2011/11/14 17:50:48

漢語に寒貧があるなら、当て字ではないことがはっきりしました。ありがとうございました。すっからかんが大阪弁だと教えてくれたもう一方にも感謝です。

「素寒貧」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

Hans-pddさん

2011/11/1406:35:27

すかんぴんとは、とても貧しいこと。貧しい人を罵る言葉。
すかんぴんとは古く江戸時代から使われる言葉で、素寒貧と書けばわかる通り、大変貧しく、無一文で身に何もない様を表す。ただし、すかんぴんは単に貧乏であることを示すよりも、そういった人を罵ったり、自身がそうである場合に自嘲する言葉として使われることが多い。
http://zokugo-dict.com/13su/sukanpin.htmより引用)

すっからかんとは、[名・形動]からっぽで中身が何も無いこと。何一つ残っていないこと。また、そのさま。「―な(の)空財布」「財産を使い果たして―になる」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/118784/m0u/

「すっからかん」とは、京ことば、大阪弁でもあるようです。
http://www.weblio.jp/content/%E3%81%99%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%82%89%E...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる