ここから本文です

足回りの1G締めについて 車種はゼロクラウンGRS182アスリートで、車高調を装着...

hai********さん

2011/11/1719:08:14

足回りの1G締めについて
車種はゼロクラウンGRS182アスリートで、車高調を装着しローダウンしたため1G締めをしようと思っています。
①そこでブッシュが使用されているアッパーアームやロ

アアームの接合部を1G締めしようと思うのですが、それぞれのアーム類の車体側orタイヤ側どちらのブッシュを1G締めし、またはどこのボルトを触らない方がいいのでしょうか?ロアアームの付け根?のボルトをいじってしまうとアライメントが激変してしまうと聞いたので、、、

②車体をジャッキアップした(1G状態を作っていない)際にブッシュがねじれていれば適正?またはその反対?

③1G締め作業をする際、ウマをかけナックル部をパンダ等で持ち上げるのと、タイヤを装着しブロックなどに乗せて1G状態を作ってから作業するのとではどちらが安全でしょうか?(締める時の車体の揺れ等)

④ディーラーに言えば規定のトルクなどがわかる整備書等をもらえるものなのでしょうか?

一度にいくつも質問し、長文になってしまい申し訳ありませんが、どなたかご教授頂けると幸いです!
よろしくお願いします!

補足偏心ボルトの印の位置を作業前と同位置にしておけば心配ないということでしょうか?><

閲覧数:
3,987
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_f********さん

編集あり2011/11/2412:15:48

haizarabirthさんへ

車高短は好ましく無いと思ってますが、ブッシュの巻き上げに気を使うのは結構な事だと思います。

私的には、ブッシュが入ってる所は全部です。
ジオメトリーが狂うのは、偏芯式の調整機構が入ってる所なので、偏芯板の位置が変わらなければピボット位置も変わらない筈です。そういう構造ですから。

作業法は、私の場合は修理工場でやっちゃうので、パワーリフトを下げて来て、突っかい棒で押し上げてる状態、リフトから浮き出すギリギリ、で締め込んじゃってます。
ブロックに乗せるというのは、ちょっと不安ですねぇ、崩れそうで。コンクリブロックは結構弱いですから。
煉瓦を隙間無く積むんだったら大丈夫と思いますけども。もう殆どバスを整備する台(陸上のピット ?)みたいな話ですね。

「整備書」は高い物ですよぉ。貰えません、普通は。
該当箇所について、書き写させて貰えればラッキー、でしょうねぇ。


<追加>
その、
>心配ない
と言うのが具体的にどんな事を指すのか、ですよね。
1g状態での車高が変わるのだから、基準が全然違ってしまう事に成ります。アームの角度が変わっちゃうんですから。
そういう事は一先ず置いといて、ピボットの位置を同じにするんだったら、偏芯部を同じに設定すれば良い、と言う事です。よね?

正しくは、正確にジオメトリーを計測して左右差を無くすも良し、サイドスリップテスターで確認するも良し、実走のフィーリングから割り出すも良し、、、じゃないかと思うのです。
サスは突き詰め出したら奥深いですよ。コーナーウェイトってな調整も在りますしね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる