エンジンの多気筒化のメリットってなんですか?

自動車1,604閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よくわかりました ダウンサイジングの時代ですが 多気筒もメリット多いんですね

お礼日時:2011/11/23 13:13

その他の回答(4件)

0

ピストン1つ当たりの重量を軽くできるので、高回転まで回せる高出力を得られる ということと、滑らかでよどみないトルク感の、振動の少ないエンジンにできるメリットがあります 6気筒以上のシリンダー数を持つエンジンではV型のレイアウトを採用するケースがあります V型エンジンには、中、低速トルクの減少を補うトルク特性があり、常用域でのドライバリティアップに寄与します Vバンク角を最適化することで振動を打ち消し合う バランサーの役目も果たし、より振動の少ない質感の高いエンジンなので上位機種へ搭載されることが多いエンジンです

1

バイクなどで考えると分かりやすいですが、 単気筒だと振動や騒音がすごいですよね。 多気筒だとその辺を抑えることができます。

1人がナイス!しています

0

エンジンの回転がスムーズになることです。 エンジンは燃料の爆発エネルギーを回転エネルギーに変換します。 例えば1気筒では爆発してシリンダーを押し下げる瞬間は動力が発生しますがそれが上に戻るのはその惰性になります。 つまり惰性の部分は力が発生しておらず惰性で回転しているわけです。 この爆発のタイミングを気筒数の数だけずらして絶えず回転エネルギーを連続的に生み出すことができます。 つまり気筒数が多ければエンジンの回転がスムーズになるということです。

0

回転がスムースになる 1気筒のドコドコ発電機とかうるさいでしょ 排気量が小さいとごまかせるけどね 逆にデメリットもある 三菱のV6の1.6リッターはトルクがうすかったし、機械ロスが大きかったね 大排気量の少気筒ではポルシェの4気筒3リッターとか面白い乗り味だったけどね