ここから本文です

切り傷は消毒して直すやり方が普通だったけど、最近切り傷の直し方がかわってきて...

miz********さん

2011/11/2001:20:56

切り傷は消毒して直すやり方が普通だったけど、最近切り傷の直し方がかわってきているみたですが、どうやるんでしょうか?

閲覧数:
388
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2011/11/2021:03:12

おそらく「湿潤療法(モイストヒーリング)」のことだと思います。あまり消毒に頼らず、浸出液と呼ばれる体液でほどよく湿潤を保って、乾燥させずに治す治療法です。
キズパワーパッドが代表的な家庭でのモイストヒーリング用の絆創膏で、その関連の湿潤療法の普及活動団体「正しいキズケア推進委員会」のページに分かりやすい説明があります。
http://kizucare.com/what.html
歴史は結構古いです。
http://kizucare.com/hakken.html
こちらにあるように、今の医療現場ではこの治療は一般的になっていますが、家庭治療では浸透しているとは言えないと思います。

行うには手順がとても大切で、適用とされる傷・病院で処置してもらうべき傷があるので、以下のページを良く読んで実践されたほうがいいと思います。ここにあるように浅めの切り傷で、正しい手順でやれば良い治療法だと思います。
http://kizucare.com/step.html
異物が入っていたり、すでに化膿・感染を起こしていたりする傷をそのまま湿潤を保つ材料で覆ってしまうと、かえって危険な結果を招くので注意してください。湿潤は傷を治す成分にいい環境ですが、雑菌も繁殖しやすい環境なのです。

消毒については、どんな傷にも絶対にしてはいけないと書いてあるサイトもあるようですが、今はさらに研究が進んでいて、感染状態の傷などには、その菌や状態に合わせた消毒や殺菌が有効だそうです。普通の家庭で治療できるくらいの傷なら、怪我をしたらすぐに水でよく洗い流して消毒せずにキズパワーパッドなどを使って処置すればいいですが、治療に不安や問題がありそうだったら早めに病院で診察をしてもらってください。

質問した人からのコメント

2011/11/20 21:18:35

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uru********さん

2011/11/2002:40:39

×傷を直す
○傷を治す


【新しい創傷治療】というサイトを見なさい、全ての謎が解けるで。

onu********さん

2011/11/2001:56:26

ここ数年のあいだに、創傷治癒の概念が変わってきているようです。

①傷を消毒しない
すり傷、切り傷、表皮欠損など外傷は水道水で異物をきれいに洗浄する。
消毒すると、再生しようとする皮膚細胞まで死滅させてしまうためしない。

②傷を乾燥させない。
以前は、乾燥させてかさぶたを作っていました。 近年、傷から出る浸出液に皮膚再生を促進する物質がふくまれていることがわかりました。
傷にガーゼをあてるのをやめて、ラップやハイドロコロイド材(傷をウエットに保つもの)で覆って治療します。
市販のものだと「キズパワーパット」など、傷を乾かさないタイプの創傷被覆材が販売されています。

①②の方法だと傷の治りも早いですし、かさぶたをつくらないためキレイに治ります。

「新しい創傷治癒」で検索してみれば、いろいろ勉強になると思います。リンク貼れなくてすみません。

coh********さん

2011/11/2001:28:45

消毒は当然しますが、小さい傷ならテープを圧迫するように貼れば普通に治りますがそこらからなにが変わったんでしょう?医者に行っても化膿防止で抗生剤を出すだけですが。
縫い方は糸からホチキスに変わっていますが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる