ここから本文です

身体障害者(1級手帳所有)の配偶者を持つ際の源泉徴収等について。

pen********さん

2011/11/2510:56:11

身体障害者(1級手帳所有)の配偶者を持つ際の源泉徴収等について。

障害者認定1級の専業主婦(結婚するまで6年間会社員)。働けません。旦那は定年間近です。
【私は】①健康保険の被扶養者。40歳以上65歳未満が支払う介護保険料も旦那の給与から特別徴収される(身体障害者だからといって免除にはならない)。
②社会保険の扶養者(国民年金第3号)なので国民年金の支払不要。
更に障害基礎年金を貰えるので法定免除。
③20歳以上なので障害基礎年金&障害厚生年金(ともに非課税)が貰える。
④市町村から福祉手当がもらえる。
⑤様々な福祉サービスが受けられる。
【旦那が受ける控除】①所得税の控除(配偶者控除38万+同居特別障害者控除75万)
②住民税の控除

と理解しているのですが、他に欠けているものがあれば教えていただけると幸いです。

私が65歳を過ぎた際は、このまま【①障害基礎年金+②障害厚生年金】を受けるか、【③老齢基礎年金+④老齢厚生年金】にするか、【①+④】にするか、自分で選択できると聞きました。

閲覧数:
1,066
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

osi********さん

2011/11/2511:15:28

①の介護保険料は社会保険なら旦那さんの分だけが引かれます。
扶養家族の分は身障者であるなし関係なく引かれません。

旦那さんが定年となり、社会保険でなくなると、介護保険料は国民健康保険又は年金から引かれます。

質問した人からのコメント

2011/12/1 21:56:42

有難うございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる