ここから本文です

古文です。 「聞こえ給う」 って、謙譲語+尊敬語ですか?

sin********さん

2011/12/918:34:51

古文です。 「聞こえ給う」 って、謙譲語+尊敬語ですか?

女君が侍女へ命令するときに、”と聞こえ給うに、”と書かれているのですが、謙譲語にする意味が分かりません。
ちなみに、訳では、”とおっしゃるので”とただの尊敬語として訳されています。

センター試験赤本です。

補足ご回答ありがとうございます。
侍女にまで敬意を払うものなんですね。勉強になりました。
ちなみに、↓にあった一文です。ちょっとこれだけでは作者が誰なのか分からないですが。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1358988358

閲覧数:
6,076
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hok********さん

編集あり2011/12/919:16:25

謙譲語+尊敬語です。
「聞こえ」は作者から侍女へ敬意を払い、「給ふ」は作者から女君へ敬意を払っています。

補足について
鎌倉時代に成立したもので、作者は未詳らしいです。

質問した人からのコメント

2011/12/16 04:42:59

ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる