ここから本文です

太陽は銀河系の中で目立った存在の恒星でしょうか?

ginzanomariaさん

2011/12/1207:29:45

太陽は銀河系の中で目立った存在の恒星でしょうか?

閲覧数:
645
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hin********さん

2011/12/1207:43:05

恒星を中心として惑星が集まったものを惑星系といいます。

例えば太陽を中心に水星金星地球…と
周回している惑星と太陽を合わせて
太陽系といいます。

惑星系の集まりが銀河と考えて差し支えありません。
(さらに銀河系が集まってものを銀河団といいます。宇宙は広いですね。)



質問の答えは「いいえ」です。

太陽は銀河系では典型的な質量の主系列星、普通のありふれた星ですね。

日本人にたとえると
『身長167センチの男性』
といったところでしょうか。

質問した人からのコメント

2011/12/19 07:35:34

笑う そういう事でしたか。『 身長167cmの男性』は
わかり易いたとえでした。
大変、参考になりました。御回答に感謝致します。

三人の回答者様
koyomy3587145 様
hino_sun 様
vreebeme945 様
にお礼申し上げます。

次回のつたなき質問にも御教示下さい。
お待ちしております。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

koy********さん

2011/12/1709:14:43

太陽は銀河系の中で目立った存在の恒星でしょうか?=『NO』銀河系のはずれにある取るに足りない恒星
宇宙のことは興味はあるが天文学の知識が0なので、猿の惑星調の回答になっています。

vre********さん

2011/12/1208:45:35

全ての恒星(もちろん太陽も含む)を私たちから同じ距離に置いたとしますと、太陽の明るさはその場合4.8等級であり※、暗すぎず明るすぎずといったところであり、宇宙ではごくありふれた程度の恒星です。
私たちから見まして実際の太陽は直視すると危険なくらい強烈に明るい天体ですが、それは私たちが単に太陽の近くに住んでいるからそう見えるだけなのです。

※具体的には10パーセク(およそ32.6光年)の距離に置いたとしたときの明るさが4.8等級であるということです。この距離に置いたと仮定した時の明るさのことを「絶対等級」と言います。
これに対し太陽の見かけの明るさ(普段見る太陽の明るさ)は地球からですと約-26.7等級くらいです。この「見かけの明るさ」のことを「視等級(実視等級)」と言います。

なお実視等級が一番明るいのはもちろん太陽ですが(2番目は月で、-12.6等級くらい)、絶対等級で言いますと異論はありますが、いて座の方向およそ3万~4万9000光年ほどの距離にある「LBV1806-20」という星で、約-14等級です。実視等級ではかなり暗く、8.6等級です。
以下に絶対等級による明るい星のリストがあります。「輻射絶対等級」というのが「絶対等級」のことです。「高位モデル」とか「低位モデル」とあるものは、絶対等級に関して異論があるものです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%BA%A6%E3%81%AE%E5%A4%A7%E...

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる