ここから本文です

筋肉質と脂肪質 寒さに強いのはどちら?

bunchan761さん

2011/12/1406:24:48

筋肉質と脂肪質 寒さに強いのはどちら?

筋肉がつくと代謝が良くなって(体温があがりやすくなる?)寒さに強くなるって話を聞いたことがありますが、実際どうなんでしょう。

私の同僚にかなり脂肪質(というかメタボ体型)の人が居るのですが、
ちょっと力仕事すると暑そうにして、冬場でも上着を脱いで薄着で仕事したりしています。

案外脂肪質の人の方が寒さに強いんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょう?

閲覧数:
34,411
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fei_zanさん

2011/12/1409:53:24

私自身筋肉が多く脂肪が少ないですが、冬場は他の人よりかなり薄着ですね。
職場では自分が暑いと思っても、他の人は寒いと言っています。
やはり代謝が高く、発熱量が多いからではないでしょうか?
一番の暑がりは代謝を高める筋肉が多く、断熱材の脂肪が付いている人だと思います。
同僚のメタボの方は、脂肪の下にたっぷり筋肉があるのかもしれませんね。
脂肪が多いだけで、筋肉が少ない人は寒がりだと思いますよ。

質問した人からのコメント

2011/12/14 22:48:31

成功 同僚はメタボ体型ですが確かに体力はありますね。
若い頃はスポーツやってたようですし、筋肉を隠してるのかもしれません。
脂肪も筋肉もそれぞれ寒さを防ぐ役割をしてるって事ですね。
他の皆さんも回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

combat_walkさん

編集あり2011/12/1422:22:33

熱産生では運動したら筋肉の方が熱を作りますが、
運動なしでじっとしてるなら、筋肉がふるえの熱産生をするのは体温が低下してからですが
褐色脂肪では筋肉が震える前に非ふるえの熱産生があるほか、脂肪自体が熱伝導が低いので体温維持には向いてます
マウス、ラットでも外気温が低いとこに置くと寒さの適応で褐色脂肪が増えますし(太るという意味ではなく、白色脂肪から褐色脂肪にエネルギーを移し熱産生します)丸一日運動し続けてるわけではないので筋肉より脂肪の方が寒さには強いです

褐色脂肪にあるUCP1(脱共役タンパク質)はエネルギーを筋肉のようにATPでつかわずにそのまま熱をつくりますがますが、ヒトでは加齢で減っていきの成人ではかなり少ないようです。子供が寒さに強いのもこのせいかもしれません。弱い子もいますが褐色脂肪の多い生き物は寒さに強いといえます
(褐色脂肪の多い個体は安静時の代謝量も熱産生分は高くなります)

kitijoji1978さん

2011/12/1412:35:25

これは両方のバランスで関係しているのは間違いないような気がします。

私はまあキン肉マン系ですが、体脂肪は同年代としては低めだと思います。すると、動かないと身体が冷えてくるというのは実感しますね。

逆に少しでも動くと、途端に発汗作用などが始まる感じなのです。

たとえば、駅まで10分歩く。これだけでもうマフラーや手袋など暑くて要らないって感じになるんですよ。

そのまま電車に乗ると暑くて汗をかいたりします。多少の力仕事も全く同じことです。一人だけタオルが必要になる感じなのです。

でも、1時間も机に座っていると身体が冷えだすって感覚があるんですよね。学生時代はバイクに乗ってましたが、冬の寒さは耐えられない感じでしたよ。この辺りは普通の人と同じですよ。

ただ、中高生の頃ってもっと寒さに強かった気もします。もっと言えば小学生の頃は寒い…何?位だったような気も…?

一番のあつがりは文句なくお相撲さんだと思うんです。正月の特番でみんな片手にタオルを持っていたりしますよね。

記憶では小錦とかひどかったですよ。スタジオの照明程度の熱で汗が止まらなくなってしまうのです。

これもスポーツ選手ならわかるはずです。まあ、お相撲さんや水泳選手は日頃は裸状態ですから慣れもあるでしょう。

でも、そうでもないお相撲さんもいますよね。平然と汗もかかずにのど自慢とかで歌を歌っている人とかいたりします。

ですので、個人的な体質もやはり大きく影響するのでしょう。

逆に言えば、一番の寒がりは筋量も少なく体脂肪も低い人でしょうね。

結論としては双方が関係して影響するが、筋肉の発熱には運動を要し、脂肪の蓄熱性や耐寒性とは異なるが、個人差も大きいって感じでいいんじゃないかと思いますよ。

jyubeijapanさん

2011/12/1408:04:47

脂肪だと思います。

でも筋肉をつけると寒さ暑さに強くなります。

自分は筋肉質で今年の夏は長袖シャツを着てその下にTシャツを着てました。

stephantotさん

2011/12/1407:56:46

脂肪です。脂肪は断熱材なので分厚いほど内部の熱は放射されません。筋肉は発熱するのでそのためには動くことが必要で当然そのためのエネルギーをとらねばなりませんから非効率です。例えるならダウンジャケットとカイロ(昔はベンジンを今は電池をエネルギーとして消耗する)です。

hdchm666さん

2011/12/1406:44:15

野生の動物を見る限り、脂肪の方が寒さには強そうです。
単純に体温を維持する他にエネルギーとして蓄えられている点も有利だと思います。、

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。