ここから本文です

タンクローリー(ガソリンや重油)に詳しいかた。 油の積込や荷卸しのおおまか...

jtw********さん

2011/12/1617:21:30

タンクローリー(ガソリンや重油)に詳しいかた。


油の積込や荷卸しのおおまかな手順について教えて頂きたいです。 また詳しく解説されているサイトがあれば教えてほしいです。(業界用語や使う道具など)

閲覧数:
27,870
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

j_h********さん

編集あり2011/12/2208:29:39

一般的な燃料油ローリーの話をします。

積込:
油槽所の所定の位置にローリーを止め車輪止めをし、アース線を接続します。
タンク天辺の注入口ハッチを全室開け、空きハッチであることを確認します。
積込情報を呼び出し、マンホールに付いているハッチキーを積込設備に接続します。
( それにより、設備は何番槽に積込するのか確認します )
ドロップチューブと呼ばれるパイプをタンク内に入れます。
( パックドリンクの、伸びるストローの巨大なヤツです )
ドロップチューブがタンク底面に着いて居ることを確認し完全に差込み、
ロックします。
積込み量をセットし、室番・積載油種・積込量が合っているか確認します。
OKなら、積込をスタートします。( だめなら、スタートできません )
最初はゆっくりと流れますが、ある程度進んだら流れが速くなります。
しばらくしてエアバルブが切り替わる音がしたら、そろそろ終了です。
完全に停止したのを確認し、ドロップチューブを抜きます。
今の積載油種を確認し、次の注入口にドロップチューブを入れ、
ハッチキーを接続し、確認できたら次の積載を行います。
全室終了したら、ドロップチューブをかたずけ、
タンク内の異常の無いことを確認し、注入口を閉めます。
アース線を外して、車輪止めを外し、出発します。

荷卸:
ガソリンスタンドの所定の位置にローリを止めます。
車輪止めをし、給油口位置を確認します。
荷卸先スタンドが合っているか確認します。
( 意外とこれが重要だったりします )
アース線を接続し、機種によっては設備側装置と接続します。
ローリ吐出口とスタンド給油口をホースで接続します。
( 給油口キーとホースとローリーのケーブルも接続します。 )
混油防止装置を作動させ、底弁を開けます。
奥側のバルブを開け、油種が合っているか確認します。
OKなら、手前のバルブを開け、荷卸を開始します。
ポンプを使うか使わないかは、状況に拠りますがたいていは決まっています。
( 但し、ガソリンのポンプ卸は消防法により禁止されています。
また、吸入も出来ますが、「やれば出来る」レベルで、
通常の使用方法ではやりません )
また、どの吐出口を使うかは、荷卸場所により異なります。

余計な事ですが、エンジン用燃料油の場合は一般に重量を測ったりしません。
ただ、積載時流量計で積み、積載確認と荷卸完了確認はします。

質問した人からのコメント

2011/12/22 21:56:54

回答頂いたみなさんありがとうございました!
一番参考になったかたにベストアンサーです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

his********さん

2011/12/1712:38:34

ご質問者様

補足です。

トラックスケール(軽量検定付)を使って、
取引する数量を決めます。

空のタンクローリー車をトラックスケールに乗せます。
このときの重量を記録します。

次の段階でほかの回答者さんの通りタンクにガソリンなどを入れます。

満載にした時点・積載が終了した時点で、
もう一度トラックスケールで車重を計ります。

空のタンクローリー重量から、
燃料積載時の重量を引いた値が、
お客様に届ける実重量として記録され、
これを元に取引金額が決まってきます。

ケース・バイ・ケースですが、
納品先にトラックスケールがある場合は、
納品先での計量結果で取引をする場合もあります。

また、ポンプ設備があるところなどは、
オーバル式の計量計などがあり、
これを基に取引をする場合があります。

この場合、すべて「計量法」にしたがって、
計量検定に合格したものしか使ってはいけません。

身近なところで言うと、
肉・魚など量り売りをしているものは、
すべて計量検定付のはかりで計って販売しています。

ご参考になれば幸いです。

ram********さん

2011/12/1617:37:11

タンクローリーへの積み込みは、製油会社のステーションでは、タンク上部の口を開けて、上から流し込みます。まず、指定場所に車を止めて、消化器を手元に配置して、車のアース線を指定場所に接続します。後は、積み込み指示書に従って、油槽毎に指定した油を積み込んでいきます。荷降ろしは、消化器配置とアースを取ってからローリー後ろのバルブにホースをつないで、指定タンクに下ろします。その時、車の輸送ポンプを使うか重力で落とすかは現場の状況次第です。また、車載ポンプは、地下タンクなどから油を抜き取ることも出来ます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる