ここから本文です

国の借金の解決法?これでどうですか?

nih********さん

2011/12/2415:41:01

国の借金の解決法?これでどうですか?

中央銀行が、全ての国債を買う。
中央銀行は国にお金をあげ、
国はそのお金で、全ての国債を買う。

銀行はもてあましているお金を
中央銀行に預金する。

中央銀行はETFを買う。
銀行は不動産系には絶対貸さない。
個人がETFを買う場合、税制で優遇。

国は特に企業の研究開発にお金を出す。

ケインズ政策は需要は一時的、財政赤字が問題。
フリードマン政策は需要は一時的、インフレが問題。

素人考えですみません。

補足mark kostabi 1960さんへ「国はそのお金で中央銀行から全ての国債を買う」です。言い方を変えれば、「国は、全ての国債を持っている債権者である中央銀行にお金を返す」です。

閲覧数:
253
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

吉田 仁さん

2011/12/2417:56:28

中央銀行が直接投資するのは将来のリスクがおおきすぎる。赤字になれば国民負担になるだけです。それより特別目的会社を設立して、中央銀行が出資する形の方がよいのではないでしょうか。投資先もETFでは不安定すぎるし、金利を生まないので利益がない。今は円高なので、海外の高金利国債を購入して、金利収入で国内の非生産部門に投資し、雇用を増やし、その結果、税収増につなげるべきです。研究開発への投資も良いと思います。たとえば500兆円の特別目的会社を設立して、5%の金利を得れば25兆円の金利が毎年あります。そのうち10兆円をバイオ燃料、特別老人施設等に投資すれば10年で400万人の雇用確保できます。余りの15兆円と税収増で財政再建も可能となり、国債の発行も徐々に減らすことができ、銀行の運用先リスクの低減にもつながります。

質問した人からのコメント

2011/12/31 10:53:16

回答ありがとうございました。考えるヒントになりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる