ここから本文です

卵子提供について。 義妹が不妊症です。 二年前に結婚し、治療に通ってます。 ...

rod********さん

2011/12/2614:14:41

卵子提供について。

義妹が不妊症です。
二年前に結婚し、治療に通ってます。

卵子が少なく、卵巣が小さい?らしく、二年間薬を飲み続けていますが、出来ないようです。

彼女とは元々

友人同士で、私が彼女の兄と結婚し、義姉妹になりました。

私は二人目妊娠中で、一人目、二人目子作りを解禁したとたんに妊娠したので、妊娠しやすいようです。
なので、もし彼女が望むなら卵子を提供してもいいと思っています。

妊娠、出産については日本の法律は厳しいとききます。
卵子提供は違法なのでしょうか?
わたしの素人考えでは、私の卵子をとりだし、義妹の旦那精子(検査済みで異常なし)と受精させ、義妹の体で育てる。というのを考えています。

もし、可能な場合、卵子の摘出とはいくらくらいかかり、どのくらいの痛みがあるものなのかもわかればお願いします。

閲覧数:
5,124
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

him********さん

2011/12/2615:46:48

不妊治療の一般的な卵子を取る作業(採卵)の値段は排卵誘発をした場合で30万くらいです。

で、移植するまでにあと30万くらいでしょうか。一度で妊娠した場合の値段ですが。
卵子提供を公に行ってくれる病院は少ないと思いますよ。

良く考えて下さいね。あなたのDNAが入った子供が産まれるかもしれないのです。
いろんな感情が芽生えるかもしれません。

元々友達とはいえ、身内ですし、義理の関係ですから、難しいと思います。
卵子提供は素晴らしい事ですが、本当に本当に良く考えて下さい。

私ならば第3者からの提供にしたほうがいいような気がします。

質問した人からのコメント

2011/12/26 17:52:02

抱きしめる みなさま親身な解答ありがとうございます。
摘出も金額ももっと簡単に考えていました(--;)
お恥ずかしいです。

最初に解答いただいた方をベストアンサーとさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mak********さん

2011/12/2616:58:04

私は不妊治療を5年していて
体外受精でようやく授かれたのですが
義妹さんがそれを望むのなら別ですが
もし私が義妹さんと同じ立場なら
あなたからの卵子提供は抵抗があります
あなたからの卵子の提供を受けそれでうまく妊娠できたとしても
頻繁とまでは言わないけど会うであろうあなたとは
会いたいと思えません
卵子提供を受けるのなら
全くの赤の他人で会うことのない人から受けたいです
とりあえず卵子提供する場合他の方も言われてるように
体外受精時にする採卵方法で行うと思いますが
色々な方法がありますが
とりあえず私がした方法では
注射も毎日2週間ほどしないといけないし
薬も服用数必要があり
人によっては倦怠感が強く出たりめまい頭痛、吐き気などもあったり
ホルモンバランスでいらいらしたりもします
採卵時は麻酔すると痛みはありませんが
麻酔後痛みが出る場合もありますし
腹水がたまったりするし
無麻酔のクリニックなどではとる卵の数によっては
激痛の方もいますし
費用のほうも30万ほどかかり
その後受精卵を移植する場合にも
10万以上はかかります
あなたの考えはすばらしいと思いますが
色々と精神的にも難しいことも多いですよ

chi********さん

編集あり2011/12/2616:53:31

>妊娠、出産については日本の法律は厳しいとききます。
卵子提供は違法なのでしょうか?

まず、そのような法律がないので、違法も合法もありません。
ただし、厚生労働省生殖補助医療部会が認めているのは「匿名の第三者からの卵子提供に限る」です。
それでも、JISART(日本生殖補助医療標準化機関)のメンバーに加入している施設であれば、姉妹からの卵子提供も可能ですので、当たってみてはいかがでしょう?
http://www.jisart.jp/member.html

>卵子の摘出とはいくらくらいかかり、どのくらいの痛みがあるものなのか

排卵抑制の薬を使いながら卵巣刺激(排卵誘発)をし、複数の卵胞を育てて成熟させ採卵します。
採卵は普通は麻酔を使うので「目が覚めたら終わっていた」という人も多いですが、私は麻酔が効かない体質のためか、ハッキリ覚醒していたので泣き叫ぶ痛さでした。
費用は卵子提供の場合は少し違うかもしれませんが、一般的な採卵の場合、採卵までに10万円程度(排卵抑制+卵巣刺激)、採卵に8万円程度でしょう。
一般的な体外受精の場合には、採卵までで終わることはないので、すぐに媒精(精子と合わせること)→培養→移植...と続くわけで、どこまでの費用を誰が出すのか?そういうことも決めないといけないのでしょうね。

ghq********さん

2011/12/2616:03:57

日本でも、姉妹などの卵子ドナーを容認するかも?
みたいなニュースは見たことありますが、
それが決定されてOKになったのかは知りません。すみません。
ただ、私の病院では夫婦の当人同士の物でないとダメという説明がありました。

卵子提供(採卵)ですが、おそらく体外受精の時の場合と同じだと思います。
採卵に向けては、複数の卵胞(卵子が入ってる袋みたいなの)を育てる必要がありますので、
注射・投薬などで排卵誘発を行います。
その排卵誘発方法によって、その後の体調が変わるかもしれません。
連日注射を打ち(2週間くらい)、たくさん卵胞を育てた場合
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になり、最悪入院する事になる可能性もあります。
寝返りが出来ないほど卵巣が腫れ、痛みを伴う事もあります。

私は比較的軽めの、低刺激の排卵誘発でしたので
上記の状態にはならず、採卵後数日、生理痛みたいな痛みが続いただけでした。

採卵での痛みですが、人によって変わって来ます。
静脈麻酔、局部麻酔、無麻酔など、病院によって方針が違います。
静脈麻酔は寝てる間に終わるので採卵中の痛みはありませんが、
一番麻酔の使用量が多いので、そちらのリスクはあります。

局部麻酔は、注射タイプ・スプレータイプなどあります。
私は注射タイプで全く痛みも感じず終わりましたが
人によっては痛い人もいるようです。

無麻酔は麻酔をしないので痛みはあると思いますが
採卵数が少ない場合、また採卵の針が細い傾向があるので
我慢できるくらい・・・とも聞きます。

どの麻酔の方法でも、膣から卵巣めがけて針を刺し、
卵巣の中の卵胞から、卵子を吸い取ります。
なので多少の出血はあると思います。

費用ですが、全部自費になりますので、
病院、誘発方法によって変わって来ます。
私の病院はとても安く、採卵までの治療は12万円くらいで出来ました。
(受精卵の培養費含まず)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる