ここから本文です

今、話題に上がっているCodeigniterのライセンス問題について質問です。

dor********さん

2011/12/2622:08:50

今、話題に上がっているCodeigniterのライセンス問題について質問です。

色々と自分で調べてみましたが、確定的な情報が見つからず困っています。
今後、Codeigniterが3.0へバージョンアップされ、
ライセンスがOSLへ変更された場合、
自社のWebサーバのみで動作するアプリもライセンス問題の対象となり、
ソースコードの公開とコピーレフトの対象となってしまうのでしょうか?
※アプリ配布等は一切せず、自社のWebサーバで動作するアプリです

このようなライセンスの問題を調べるのが初めてで、
不明点が多いため、よろしくお願いします。

閲覧数:
3,288
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2011/12/3113:24:07

まず大事な前提ですが、OSLは、現状ではいずれのバージョンについても適用例の少ないマイナーなライセンスです。
私が確認した範囲では、ライセンス問題で訴訟になったケースは見つかりませんでした。
どのような場合にライセンスに抵触し、どの法律に違反するのか、たぶんまだ世界中で誰も正確に答えられない状態です。
(もっとも、メジャーなライセンスのGPLですら具体的な訴訟例は多くはないですが…)

このため、CodeIgniterに関しては、OSLを遵守するという観点よりは、開発会社であるEllisLabの方が公式フォーラム等で述べられているOSLに基づいたいくつかの具体的な見解を遵守する方向で考えた方がわかりやすいかと思われます。
現時点で具体的に出ている見解は、概ね次の通りです。

●OSLでは、OSLコードの「派生物」についてもライセンスをOSLにし、公開することになっています。
ただし、現時点でのOSLが適用されたソフトでは、「派生物」の範囲がかなり小さく考えられる傾向にあります。
CodeIgniterの場合は、CI_Controllerなどを継承して作った自前のコードは「派生物」とみなされません。
たとえば、systemディレクトリー配下のCI_Controllerなどを修正した場合のみ、
「派生物」として修正部分の公開義務が発生します。
この見解に基づけば、多くのアプリケーションでは公開義務は発生しないでしょう。

●GPL非互換ライセンスのため、GPLのライブラリーや自前のコードと合わせて配布することができません。
ただし、CodeIgniterと別々に配布する場合は、この問題は発生しません。
なお、この点については独自ライセンスであるCodeIgniter 2でも同じことに注意が必要です。

●OSLのソフトを使って公開Webサービスを作っただけの場合でも、OSLでは「配布」とみなされます。
このため、CodeIgniterだけではなく上記「派生物」についても、
サービスを公開した時点でソースコードの公開義務が発生します。
ただし、現実問題としては、たとえばCodeIgniter.comへのリンクを掲載するなどの義務は課せられないようです。

以上の点から、systemディレクトリー内などのOSLコードを直接いじらない限りは公開義務は発生しないと考えられます。


以下、補足となります。
今回のライセンス変更問題については日本のユーザーが敏感に反応して多くの反対意見が投じられましたが、
他国ユーザーの動きは比較的鈍く、反対意見も少ないようです。(関心が無い?)
ライセンサーであるEllisLabにしても、どうすれば法的にOKなのか断言はしてくれず
「弁護士などと相談してください」というのが結論となっているため、
日本ユーザー会もそれに準じた注意文を出しているのだと思われます。

質問した人からのコメント

2012/1/3 01:37:43

回答ありがとうございます。
わかりやすい説明で助かりました。
フレームワークの変更も含めて再度、
検討することになりました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/12/3111:22:23

OSLに変更前のバージョンのフレームワーク使用であれば、従前のライセンス条項による縛りなのは疑う余地のないところです。
ただし、ステーブルバージョンはいずれサポートが打ち切られ、変更後のバージョンを使うか、OSLでない他のフレームワークを使うかの判断を迫られるはずです。

ということで、3.0の前のフレームワークを使用しつづけるのであれば、BSDライクなライセンスなのでコピーレフトではない。
(OSLに変更となった)3.0以降のフレームワークにアップデートした場合は、OSLの許諾条項に従い、コピーレフト化する。
ということになると思います。

コピーレフトにするんだったら、最初からやっていてほしいですよね。
後だしじゃんけんのようで不愉快に思っている人も少なくないと思います。

日本のユーザー会は、この点について問題提起をしています。
http://codeigniter.jp/blog/article/64
弁護士と相談しろ。。。と他力本願的な書き込みも情けないですね。
ライセンス条項変更で企業ユースの使い勝手が悪くなり、利用者が尻すぼみになると思うのであれば、ユーザー会自身がもっと声を上げるべきだと思いますが。

>自社のWebサーバのみで動作するアプリもライセンス問題の対象となり
建前として、自社従業員のみがアクセスする場合は問題ないですが、派遣社員とか外注などの自社以外の従業員がアクセスできる場合は、要求に応じてソース開示の義務が発生します。
ソースコード開示に応じなかったら。。。
ライセンス条項違反により、他のOSL(またはGPL)のソフトが使えなくなりますし、外注からの要求であれば、開示しないことで、下請法違反に問われることにもなりかねません。
#チクられたらの話ですが(笑)

貴社の状況が不明なのでなんとも言えないですが、なんとなく「おおごとだぞ」という感じです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる