ここから本文です

推理小説でトリックが秀逸な作品を紹介してください

tor********さん

2011/12/3113:54:52

推理小説でトリックが秀逸な作品を紹介してください

閲覧数:
625
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ore********さん

2012/1/313:51:23

天城一、「高天ヶ原の犯罪」
島田荘司、「占星術殺人事件」
綾辻行人、「十角館の殺人」
山村美沙、「花の棺」
高木彬光、「人形はなぜ殺される」
二階堂黎人、「人狼城の恐怖」

上記が直ぐに上がりました。
特に「高天ヶ原の犯罪」の密室トリックは心理トリックの最高峰だと思います。
作者はチェスタートンの「見えない男」にチャレンジしたとの事ですが、戦後のあの時代背景にしかあり得ない事象をうまく使って、完全にチェスタートンを超える見える筈なのに見えない犯人を作り上げています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sei********さん

2012/1/222:27:28

笹沢左保「招かれざる客」「霧に溶ける」
土屋隆夫「危険な童話」
森村誠一「新幹線殺人事件」「高層の死角」
横溝正史「獄門島」
連城三紀彦「私という名の変奏曲」

su_********さん

2011/12/3123:01:27

こんばんは。
“これはすごい!”と思ったのは、東野圭吾さんの「聖女の救済」です。
完全犯罪をやり遂げた犯人も、トリックを暴いた刑事も、すごいと思いました。

yu_********さん

2011/12/3114:05:15

容疑者Xの献身、GOSICKシリーズ(最初の方がおすすめ)、相棒シリーズ(ドラマもおすすめ)、万能鑑定士Qの事件簿、などでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる