音楽業界の売り上げについてお聞きしたいのですが‥‥ 昨今、全世界的にCDの売り上げが落ちて、音楽産業は縮小の一途を辿っているとはよく言われますが‥‥

音楽業界の売り上げについてお聞きしたいのですが‥‥ 昨今、全世界的にCDの売り上げが落ちて、音楽産業は縮小の一途を辿っているとはよく言われますが‥‥ その原因の1つとして、音楽のネット配信が挙げられています。 お聞きしたいのは、もし、同じ数だけ楽曲が売れたとして、アーティストや作家の方に入る印税収入はどう変わるのか、という話です。 例えば、僕がメジャーデビューして、あるシングル曲でミリオンヒットを達成したとします。 その際、(非常に極端な話になってしまいますが)CDシングルだけを出してミリオンになるのと、ネット限定で100万ダウンロードを達成した場合(この場合、話がややこしくなるので、非合法なものはとりあえず度外視します)では、アーティストに入る印税収入は大きく変わってくるものなのでしょうか? 僕個人の事を言うと、会社の先輩から、“まだCDなんか買ってんの?今の時代、ネットでダウンロードだぜ”とかって言われるのですが、まず原盤を手元に置いておきたいのと、やっぱりジャケット等々もじっくり見たいという理由から、僕はいまだにCDを買っています。(因みにPVも見たいので、PVが収録されたDVDが付いている場合は、原則、初回限定盤を買っています) ちょっと話が逸れてしまいましたが、CDは1枚1500円からしますが、ネットだと1曲数十円の世界ですよね?曲としては同じでも、手に入る形態が変わると、やっぱりアーティスト側に渡る金額も変わってしまうのでしょうか?ふと疑問に思ったのでわかる方、お教え頂ければと思います。 ※あと、どこで質問したらいいかよく分からなかったので、とりあえず音楽カテで尋ねさせてもらいました。

ミュージシャン20,924閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

7

CDが100万枚売れるのとDLで100万突破するのでは印税収入は異なります。 細かく説明してもかなり長くなるので端折りますが、例えば歌と作詞と作曲も行っているアーティストのCDシングル(仮に価格は1000円とする)が100万枚売れると約5500万以上の印税収入となります。 歌うことで「歌唱印税」(平均1.5%だが大物アーティストになると最大6%) 作詞することで「作詞印税」(2%) 作曲することで「作曲印税」」(2%) が入ります。 サザンオールスターズや小田和正さんクラスなら歌唱印税は6%クラスだと思われるので、シングルCDが100万枚売れたら約1億円の収入があります。 それに加えてカラオケ、テレビ、ラジオなどで発生する著作権料としてそのCDの税抜き価格分の6%を曲数で割ると1曲の基本著作権料となります。 その合計からJASRACの手数料として7%を引いたものが、著作権料となります。 ダウンロードでは印税という形ではなく、作詞・作曲者の受け取る金額は、消費者(ダウンロードした人)の支払う料金の1~2%程度です。 ダウンロードは大体1曲200円くらいなので1~2円程度の収入になります。 作曲・作詞で2~4円程度です。 100万ダウンロードだと約400万円になります。 これだけでもCD売り上げの100万とダウンロードの100万とは収入に大きく差があることがわかると思います。 私も質問者様同様に今でもCDを買う派です。 ダウンロードは配信限定の場合か、シングルがほとんどで、アルバムに関してはほぼ100%CDを購入しています。 私もジャケットや歌詞カードやブックレットを見たり、特典DVDがある場合はそれも見たいからです。 もちろんそのアーティストが好きだからというのがCDを買う大きな理由としてあります。 あと、ダウンロードだとデータとして残しておけるのでCDを置くスペースが無くなる反面、何らかのアクシデントでデータが消えたらもう聴けなくなるという不具合が発生する可能性があります。 あと、データの移行が出来ないのも不便だと思っています。 例えばiTunesで購入した音源はPCやiPodでは聴けますが、SDカードにデータを移して携帯電話で聴けない不具合があります。 そういったことがあるのでなるべくCDは買うようにしています。 好きなアーティストのCDは発売日に新品で購入していますし、ちょっとお金に余裕が無いときなどは、中古で買うようにしています。 CDはいつか無くなりダウンロードが主流になると数年前から言われていますが、CDの前のレコードが未だに生産されているので、そういった時代はまだまだ先になると思います。 なので、私はこれからもCDを買い続けると思います。

7人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方、お答え頂き本当にありがとうごさいました。今回はとてもわかりやすく説明をしてくれた貴女にBAを差し上げます。ネット配信が世界的に音楽産業を縮小させている、と言うのは何となくは理解してても、こうして両者を数値化して比較すると本当によくわかりますね!同じミリオンでも桁がひとつ違いますもんね。これじゃあ音楽産業も衰退するし、また、それでもまだCDが売れてる日本に韓国勢も来るはずだ!と思いました。

お礼日時:2012/1/9 4:14

その他の回答(1件)

2

作曲、作詞など著作権が発生するモノはジャスラックが一元管理している為に、出荷枚数×販売価格×6%をジャスラックが徴収して音楽出版社に渡し、作曲家と作詞家にそれぞれ1~1.5%ずつ分配されます。 ちなみに配信カウントされるレコチョクなどはフルで1曲300円~400円です。 正直、アーティスト側に入る金額はレーベルや事務所との契約によって違います。 先日、TV番組でミリオンセラを出した一発屋がいくら貰ったかやってました。 http://plaza.rakuten.co.jp/simpleman/diary/20110703/ 「サヨナラ」が大ヒットして、 累計売り上げ123.6万枚を売り上げたGAOさんは、 なんと自分のお金を見てなくて、 ゴールドカード2枚を渡されたそうです...。 一番最初に買ったのは古着のTシャツだとか...。 「CHA-CHA-CHA」が大ヒットした石井明美さんは当時、 歌唱印税と給料制だったそうです。 そのお金で実家に土地を買ったとか...♪ 「3年目の浮気」が大ヒットしたヒロシ&キーボーは、 実はその頃が芸能生活の中で一番貧乏だったそうで、 当時、事務所に所属していたため給料制で、 社長から、「印税我慢してくれ」とお願いされたらしいですね。 給料は30万円ぐらいだったとか...。 「夏の日の1993」が大ヒットした元classの日浦孝則さんは、曲で入ってきたお金は200万円で、ボーナスとして100万円をもらったそうです♪ 「想い出がいっぱい」が大ヒットした元H2Oの中沢堅司さんも、当時の収入が給料制だったそうで、売れた頃は100万円ほどだったらしいです。 「お江戸‐O・EDO‐」が大ヒットしたカブキロックスの氏神一番さんは、デビュー曲は売れたが一銭も入ってこなかったそうです...。 というのも、バンドの場合、歌唱印税はバンドの運営費に回されるためギャラが0円だったらしいんですね~。 正直、メジャーデビューしてもメジャーでは権利はほとんどレーベルや事務所に取られます。 多くの正社員のスタッフに給料を払い莫大な宣伝広告費を払うので、メジャーが利益の多くを持って行きます。 インディーズで自分で客を集めてCDが売れる者はメジャーデビューなどしない方がいいです。 自分の集めた客をメジャーに食われるだけです。 バンドは今やインディーズが主流 メジャーデビューでも食えない http://www.j-cast.com/2011/01/23085796.html “印税長者”が明かす著作権収入の実態 http://npn.co.jp/article/detail/12384314/ 『高橋によると、「ロード」は「こんな暗い曲は売れない」と大手レコード会社に相手にされず、インディーズ扱いで発売したという。』 『「1年経って初めて印税が入った。人から『(印税は)2000万くらいだろう』って言われてたけど、その日は2億入ってた」と興奮気味に当時を振り返った。』

2人がナイス!しています