ここから本文です

症状固定について質問です。

yms********さん

2012/1/1919:37:47

症状固定について質問です。

昨年の八月四日に事故にあい、46日間入院していました。診断名は、股関節白盖縁骨折、右下肢末梢神経障害、インピンジメント症候群です。症状としては、屈曲しての内旋外旋が痛くてできません。歩行は何も支障ありません。仕事も運送業でしたが、荷物を持ってしゃがむ事ができず退職しました。МRIは毎月撮っています。最近は造影剤を股関節に打ちМRIを撮りました。結果は股関節の軟骨芯?にキズがある為に、造影剤が入りこんでいました。現段階では後遺障害認定は何級ぐらいでしょうか?可動域は二分の一です。宜しくお願いします。

閲覧数:
407
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

編集あり2012/1/1922:03:23

「屈曲、伸展」方向もしくは「外転、内転」方向で
健康な足側と比較して2分の1以下の可動域なら、
下肢3大関節中の1関節の機能に(著しい)障害を残すもの10級11号
になり
2分の1を少し超えて、+10度以下なら、
参考で考慮され「外旋、内旋」方向で
2分の1以下なら10級11号
4分の3以下なら12級7号 に認定されます。

「屈曲、伸展」「外転、内転」方向で
4分の3以下の可動域なら12級7号 ですね。

屈曲したまま外旋…などの測定はしないので、納得出来なくても その時の
痛み自体には現状では等級認定への影響なしです。

股関節の骨折をした場合の股関節の痛みでは、
関節に体重を乗せた状態で、足を捻る動作で股関節に痛みが出たりしますが
そういう測定での認定は無いんですよね。

インピンジメント症候群が同じ系統の後遺障害としてある場合は、可動域制限に含まれてしまい、
別の系統の…例えば肩とか反対側の足とかにあった場合なら
MRIで出血が認められるとか、炎症がハッキリ見てとれるとかでないと、
認めてもらえない可能性も有りです。
認めてもらえれば、12級の12号の認定になるでしょうね。

問題は可動域制限が認められた場合に、
逸失利益の年数を定年まで認めてもらえるか、短くされるか…ですね。

質問した人からのコメント

2012/1/24 22:49:19

丁寧な回答ありがとうございました。まもなく半年ですが、病院で症状固定はまだ駄目だと言われました。早くすべて終わらせたかったのですが、効いてるかわからないリハビリを続けて完治を頑張ります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる