ここから本文です

小型水槽の藍藻・緑藻で困っています!相談に乗ってください!

ham********さん

2012/1/2211:11:30

小型水槽の藍藻・緑藻で困っています!相談に乗ってください!

初心者です。小型の水草水槽で淡水フグを1匹飼ってます。立ち上げて半年になりますが、最近急激にコケや藻に悩まされてほとほと困っています。

まず前面の底に藍藻。
ガラス面と水草表面全体に緑藻(一センチくらいの糸がびっしり付くやつ)です><
両方とも、ほぼスポットライトが良く当たる方向だけにびっしりです。

リセットしたいほどですが、折角のバクテリアが・・・ということと、立ち上がるまでに長期間フグをうつしておける水槽が無いので大掃除で対処したく思います。もう水草は少ししか植えないつもりです。その際のアドバイスをください!

<今の状態>
・水槽 30*20*30 実質15Lくらいの水槽
・外掛けフィルター(スリムフィルターM:薄いのでプラスのろ材がほとんど入らない!ので大きめの外掛けを買ってあります)
・照明 スポットで24w1灯 (8時間点灯)
・床 ソイルと麦飯石(ソイルに元肥を入れています。後悔してます…)
・エアレーション有り CO2無し
・生体 淡水フグ1匹 ヤマト2匹
・水換え 大体6日に1回 3分の1ほど、底砂を掃除しながら
・水草沢山 (今となっては見る影無し…)

もともと水草水槽だったので、富栄養な事にくわえ、フグが良く食べ、良く出すので水質が悪化、さらにライトが強い?のかなと初心者ながらに考えてます><さらにフィルターのろ過力不足。その他思い当たる原因はありますか??
あと今買ってある大きめの外掛けフィルターに変更したいのですが、それは大掃除後の方がいいですよね…??

掃除手順として
・フグたちを飼育水・ヒーター・エアーと一緒にプラケにうつす。
・水草全部抜き廃棄
・藍藻のひどかった部分の底砂とソイルをそのまま廃棄
・ガラス面、残った底砂を流水でガシャガシャ洗い
・底は麦飯石だけにして 水槽セット 別水槽の水草を少し植える
・飼育水と生体を戻す。

これで大丈夫でしょうか?気を付ける事があればおしえてください!
長々と読んでくださってありがとう!

補足ありがとうございます!
あと疑問なのですが、フグは薬剤に弱いと聞きます。完全に淡水飼育ですが、アンチグリーンはフグに異常でないでしょうか…?また、新フィルターの設置ですが、コケが出ていない別水槽(ホタルテトラ)でカラ回しでも問題ありませんか?同じ水槽じゃないとまずいですか?

閲覧数:
2,796
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kap********さん

編集あり2012/1/2316:53:05

リセットをしたくない理由がフィルター内のバクテリア温存であれば、まずは新しい外掛けフィルターを今の環境で立ち上げる方が良いのではないでしょうか?
機種が分かりませんが、標準でついている純正のユニット式濾材は使用せず、セラミックリングなどを入れた状態で今の水槽にセットしてしまうと良いです。
立ち上げ時期は見栄えを少し無視して新しいフィルターを水槽の前面側に設置し、しばらくダブルで稼働させると、今のフィルター内のバクテリアはそのままで、新しいフィルターの新しい濾材にバクテリアが定着するのを待つことができます。期間としては最低1週間、もし汽水環境で飼育しているなら2~3週間掛けて新濾材にバクテリアが定着するのを待った方が良いです。
その後にフィルターはそのままで、ご質問文に書かれているとおりの手順で掃除すれば良いと思います。

また、新しい濾材へのバクテリア定着を待つ期間を利用して、アンチグリーンなどの藍藻駆除剤を使用しておくと大掃除までに大幅に減らすことができると思いますよ。
緑藻については明らかに底床の栄養塩類の蓄積が原因なので、大掃除後はかなり減らせると思いますが、藍藻はそのままではわずかな断片や水中の胞子?などからすぐに元通りに発生してきてしまいます。藍藻の除去はアンチグリーン+しばらくの照明カットが有効なので、まずは新フィルターの立ち上げ、続いて栄養塩類の除去(底床の交換)、そして同時進行で藍藻駆除…という手順で対処すると良いと思います。

【補足見ました】
藍藻が発生していない別水槽があるのでしたら、少なくとも藍藻の心配はなく立ち上げることができますね。
ただ、多くの種があるバクテリアにも適した水温と水質があるため、水質があまりに違うようであれば、移設後の能力低下が起こる可能性はあります。現行のフィルターや濾材を温存(当面でも継続利用)するのでしたら、藍藻の胞子や断片はそこにも付いている可能性はあるので、同じ水槽で回す方が確実ではありますね。
水草は破棄、別に立ち上がればフィルターも流用しない、ということでしたら、別水槽で新フィルターを立ち上げ、十分にバクテリアが定着してから、底砂の交換と水槽や器具の徹底洗浄、それから立ち上がったフィルターの設置をすることで、上手くすれば藍藻と縁が切れる可能性は遥かに高くなります。
そうする場合には、いきなり新しいフィルター一つで当面の濾過を担ってもらわなくてはなりませんから、なるべく余裕を持ってじっくり立ち上げ、それから大移動に着手すると良いです。先に書いた1週間というのは、当面は旧フィルターも併用する前提の期間ですから、いきなりバトンタッチをするなら単体で十分な能力を獲得してからでないといけません。
アンチグリーンはウィローモスやミクロソリウムを枯らすことはあっても、フグに害があったという話は聞きません(ミドリフグに使った時は問題なしでした)ので、まず少量で様子を見て、呼吸が荒くなるなどの症状が出なければ問題ないと思いますよ。

質問した人からのコメント

2012/1/27 20:58:23

感謝 詳しく教えていただいてありがとうございます!慎重にやってみます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる