ここから本文です

原発、再稼働? 先進国の中で日本は電気を多く使う方ですか?電気使いすぎなんじ...

n_l********さん

2012/1/2820:46:29

原発、再稼働?
先進国の中で日本は電気を多く使う方ですか?電気使いすぎなんじゃないですか?

あんなに危険な原発を再稼働させないといけないほど電気は必要ですか?

閲覧数:
243
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2012/1/2908:40:18

使いすぎですし、再稼働は不要です。

使い過ぎの面
*電気使用の必要のないところ、時で使いっぱなし = 電灯など。
*自然の気温のサイクルをねじ伏せるような完全空調に頼りすぎ、結果、太陽光や外気温や地熱の利用が著しく低い。
夜中に人気のないところでこうこうとともり続ける街灯、商店街のイルミネーションなどや、寒気がするほどの過剰な冷房、ガスを代替えする電熱コンロに代表されるオール電化等など。

公共用、産業用であっても、大口需要者は一定期間の一定電力量での契約なので、実際の使用量にかかわらず決まった電気料金を取られるので普段の節電意識がありませんでした。電力会社はそれをもとに電力使用量を予測し、そのために大型発電設備を増発してきたので設備量が過剰となり、原価償却のために電気料金に上乗せしなければなりませんが、すると電気料金が上がるので供給量を増やして値上がりを抑えようとし、結果、大量無駄遣い契約が多くなる、という悪循環を繰り返してきた歴史があります。
電力会社の地域独占による弊害であり、大規模集約型の発電に頼ることの弊害でもあります。需要に応じた小規模な設備量による微調整を嫌って必ず電力が余るような大規模設備ばかり作るので、余った分を売りたい、ということを繰り返す面があるわけです。

もちろん、それには過去の技術では小規模発電を多く作るよりも、大規模設備の方が経済効率が良かったという面もあります。しかし、技術の進歩により例えば効率の良い小規模LNGガスタービン発電が発達してさえ大規模設備にこだわり続けた体質があり、また自由化による小規模発電事業者の参入を拒み続けて来たという、身勝手な電力会社の利益追求体質があります。

それでも怪我の功名と言うべきか、全電力の6~7割を占める火力発電の大規模設備もどんどん作られて来たので、全原発が止まっても設備量としては代替え出来るほどあります。また企業にはより安くつく自家発電が多くあり、その総発電力は全原発電力を軽く上回ります。その他部分的自由化が行われて以降、自前の火力発電を持つ新規参入事業者(PPS)も増え、再生可能エネルギー発電も増大してきたので、枝野大臣が公言したように、この夏でも原発無しで電力危機は起こりません。

そのことは昨年からわかっており、経産省も経団連も電力が絶対的に足りないとは言っておらず、そのかわりに節電すれば足りるという数字を出してきました。しかし、その数字にごまかしがあったこともすでに明らかになっています。例によって「最低限の固い数字」とか言い訳していますが。
何が固いと言って、電力会社が苦労せずに安穏と供給を確保できることが固い線ということなのでした。それは揚水発電のフル活用や、休止中火力発電の稼働や、新規増発火力や、企業自家発電の買い上げや、PPS事業者電力などを小さく小さくしか見積もらず、反対に需要予測は2割増しの過剰なものだったのです。

しかしこれもけがの功名ですが、節電が実際に大きな効果があり、この夏は大きな犠牲を払わなくともちょっとした工夫で節電できることもわかりました。さらに電力会社は安定供給のために8~10%のマージンを見なければならないと言ってきましたが、それは何も考えない無駄垂れ流しの野放図な電力を猛暑の時期に浪費する場合であって、実際には昨夏のように節電を意識しながら無駄を省けばマージンはずっと小さくて済むことも証明されました。昨夏は実際に使用量が設備供給量に対して95%を超えたこともありましたが危機は起こりませんでした。

しかし未だに経産省や電気事業連合会の電力需給関係の予測は、供給に揚水発電や再生可能エネルギー利用や自家発利用を一部しか含めず、需要は大きく見積もるなど、昨夏の経験による実態予測に即した実効的な予測を行いません。これはお上が言うんだからそれに従えという高圧的な、目に余る態度です。当然その裏には「足りない」をあからさまに言わずともそれを強調したいイメージ戦略があるでしょう。

しかしそのごまかし内容は次々に暴かれているわけですから、あくまでポーズを取り続けるその姿は余りに滑稽です。特に電力会社は自社の利益と国益の区別が全くついておらず、自社の利益イコール国益だという、㌧デモない夜郎自大、自己中ぶりですから、さっさと解体してしまうべきですね。
この夏はむしろ密かに電力不足を演出する輩が出ることを警戒した方がよいかもしれません。なにしろ、電力会社は何処でどのくらい電力消費があったかを公表しませんから。

質問した人からのコメント

2012/1/29 19:23:27

そうそう、そんな気がするんですよね~。節電がブームみたいになってたけど、当たり前のことです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ele********さん

2012/1/2822:01:33

原発がなければ電力不足になるということだが、それは真っ赤な嘘だ。
「今日の消費電力は東京電力の発電能力の90%です」などと言っているが、
これは東電だけが電力供給者だという刷り込みである。
実は、企業の自家発電や売電用発電所はいっぱいある。
2003年に東電の原発が一斉に停止したことがあったが、
当時、東電は企業が自家発電した電力を買い、停電も起きなかった。
なぜ、いま同じことをしないのか。
それは、「発送電分離」改革に弾みをつけ、電力会社の地域独占が壊れてしまうからである。

■「原発」が止まると「電力不足」になるは大嘘だ
[慶大教授 金子]

■埋蔵電力活用で原発50基分!

■「火力」と「水力」だけでも十分

原発がストップしても電力不足に陥らないことは専門家の常識だ。
東京電力は03年に、原発事故や不祥事で全17基を停止しているが、
停電は起きていない。
元慶大助教授の藤田祐幸氏の調査結果によれば、
その年の最大電力であっても、「火力」と「水力」の発電能力だけで十分に賄え、
発電能力を超えた需要は一度もない。原発を必要としないことが分かっている。

京大原子炉実験所助教の小出裕章氏も
「発電所の設備の能力で見ると、原子力は全体の18%しかありません。
その原子力が発電量では28%になっているのは、
火力発電所のほとんどを停止させているからだ。
(略)それほど日本では発電所は余っていて、
年間の平均設備使用率は5割にもなりません」
電力はいくらでも生み出せるのだ。大手メディアはなぜ大騒ぎしているのか。

企業の自家発電設備をフル活用すれば電力不足を補える。

「企業の自家発電能力は、約6000万キロワットもあります。
東電の供給能力約 6000万キロワット、原発40~50基に匹敵する規模です。」

http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/791.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/175.html

if_********さん

2012/1/2820:57:01

枝野「原発なくても乗り切れます」 昨夏のエネ庁の電力需要予想の試算方法がヒドイ
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/53332664.html

このブログ内の昨夏のエネ庁の電力需要予想の試算方法

一般家庭に業務用の大型冷蔵庫(1.2台)
大型のエアコンをペットの為に外出中も24時間つけっぱなし

こういう試算方法ではいくらあっても足りませんw

枝野「原発なくても乗り切れます」 昨夏のエネ庁の電力需要予想の試算方法がヒドイ...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる