旦那の浮気が原因で離婚この場合の慰謝料と養育費の相場を教えて頂けると嬉しいです。 去年9月に旦那の浮気が発覚。 怪しいと気付いたのは昨年の8月頃なので、その頃から不倫していたと思い

法律相談23,510閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(6件)

1

ID非公開

2012/1/30 5:16

子供の人数と年齢、旦那の収入から計算すると養育費は月1~2万が相場。 不倫開始から今日で半年程度で慰謝料400万はかなり高額ですね。 その条件で飲んだら良いと思いますよ。 協議で決まりそうなら、念のため公正証書に残してくださいね。 で、家を売ったお金の900万が問題ですね。 どうして義母に話さないのですか? 夫婦で義母に1000万借金したのなら、500万づつ義母に返済しなければなりません。 家がいくらで、結婚前の貯金を夫婦いくらづつ払ったのかが不明なので詳しく答えられません。 例えば、買った家が2000万だとして、義母に1000万、夫200万、妻100万、結婚後発生したお金700万の合計2000万を一括で支払ったとします。 結婚前のお金は夫のほうが100万多く支払っているのでこの半分の50万を夫に妻は支払うべき。 結婚後発生したお金(借金も)は夫婦の財産なので、この700万を夫もしくは妻が全額稼いだお金であっても700万は夫婦のものなので争えません。 で、義母への借金1000万も財産分与で折半になるので夫500万、妻500万を義母に返済する義務があります。 手元にあるマンションのお金は900万なので、450万づつ返済したとして一人につき50万の借金を義母に返済していかなければなりません。 毎月支払っているとのことですので、1000万のうち100万返しているとすれば残り900万。 これなら手元にあるお金で全額返済できますね。 まずは義母に説明してマンション代を返済してから、慰謝料の話をしたほうが良いと思いますよ。 義母に家を売ったことを話をしていない=返済されていないと考えたほうが賢明。 旦那が使い込んで、離婚後、義母から返済しろ!と催促される可能性もあるでしょう。 《返しましたよ》という書類を交わすべきです。 そして慰謝料400万を貰うのです。 慰謝料の書類も法的に有効なもので交わしてください。 慰謝料・義母の1000万・養育費、全て債権債務者が違うのできちんと書類を交わさないと必ず後でもめます。 慰謝料・・・夫→妻 義母の1000万・・・夫・妻→義母 養育費・・・夫(父)→子 (債務者→債権者) それぞれ債権債務者がばらばらということは《相殺》は不可能ということです。 家裁の調停は何に関しての調停かにもよりますが、養育費の調停なら子一人につき1200円の収入印紙と切手約800円のみです。 あとは経験ないので分かりません。 家裁に聞けばすぐ分かりますよ。 養育費のことは家裁に問い合わせてから行動したので確かです。

1人がナイス!しています

0

慰謝料は、せいぜい100万円(期間が短い分、下手したらそれ以下)。慰謝料400万くれるというならば、結構じゃないですか。 養育費は3万円取れればいいですね。 (マンションは親に返済中だったし、それは財産じゃないから、マンション代金をお母さんに返済してそれで終わりです。) 家庭裁判所に行って調停したら、それより悪い条件になる可能性が高いですね…。

1

旦那は冷静だな。離婚、子どもと別れるつらさが伝わってこないな。頭が色で春なのかな、チャンスだな。ふんだくってやれよ。子どものためだ

1人がナイス!しています

0

養育費の金額と慰謝料の金額は妥当だと思います。マンションですが、もう売ったんですよね?旦那さんが月々払っているんですよね?マンション売って手元にあるお金から慰謝料を払うつもりなんですよね?ならば、財産分与として残額の半分請求してもいいかと思います。一括で払ってもらえるんなら、そこで妥協してもいいんじゃないですか? 家庭裁判所では、相談なんてしてもらえませんよ。法テラスとかを利用してみては。初回は無料で相談できますよ。

0

子どもの年齢とマンションを購入したばかりと考えると、結婚後に溜めていた貯金はほとんどないのでしょ? マンションを売った900万円にしても、本来なら借財を返したらなくなってしまうから、財産分与してもらえるお金がないってことなので、400万円すべてが離婚の慰謝料と考えらます。 だったら、400万円ってのは妥当というか、ちょいいい条件だと思うよ 後、望むとしたら、仕事が見つかるまでの生活費を1年間だけでももらえないかってお願いするくらいかな ま、高望みして、調停とかになったら、慰謝料が減るかもしれないから、このまま妥協してもいい気がします で、大切な点ですが、慰謝料や養育費について、きちんと公的文書で残しておかないとだめですよ 公的文書があれば、相手が支払いを滞った場合に、貯蓄や給料を差押えすることができます。 公的文書の作成については、お近くの弁護士さんなどに相談してみてください