奈良時代の飛鳥、白鳳、天平時代は何を契機に分けられてたのでしたっけ。

奈良時代の飛鳥、白鳳、天平時代は何を契機に分けられてたのでしたっけ。

補足

ありがとうございます。藤原京から平城京遷都、白鳳時代から天平時代の移り変わりは何がきっかけでしたっけ。

日本史10,844閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

時代区分は教科書や本によって多少は違いますが飛鳥・白鳳・天平は文化によって分けられた時代です。 飛鳥文化→壬申の乱まで代表なのは飛鳥寺や法隆寺など 白鳳文化→平城京遷都まで代表なのは薬師寺 天平文化→代表なのは奈良の大仏など聖武天皇の時代 主に文化の中心となった年号の名前で○○時代ではなく○○文化と言います。 飛鳥時代や奈良時代はその時に都が置かれた場所によって分かれています。 飛鳥時代は飛鳥に都があった時代 奈良時代は奈良に都があった時代 おまけ・平安時代は京都に都があった時代 飛鳥・白鳳は奈良時代ではなく飛鳥に都が置かれた飛鳥時代に属し、天平は平城京遷都後なので奈良時代に属します。 補足 白鳳は天武・持統朝を指します。律令が整い国家が始動した時代。 天平は聖武朝を指し、平城京遷都。遣唐使により大陸の文化が伝わり仏教が花開いた時期です。 きっかけは国家が形成され安定してきて、大陸との交流や仏教文化が発達してきて生れました。 白鳳・天平は日本の文化での区分なので天平時代とは言いません。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

補足回答までありがとうございました。参考にします。

お礼日時:2012/2/1 23:21

その他の回答(1件)

0

飛鳥から白鳳へは、壬申の乱後、天武天皇が即位した時点。 白鳳から天平は、平城京へ遷都した時点。 だと思いますよ!