生活保護の人が医療費タダなのってずるくないですか?普通の人が、一生懸命働いて、なくなく健康保険の費用はらって、また窓口で3割もはらってるのに・・。生活保護の人も、医療費一部負担すべきだと

生活保護の人が医療費タダなのってずるくないですか?普通の人が、一生懸命働いて、なくなく健康保険の費用はらって、また窓口で3割もはらってるのに・・。生活保護の人も、医療費一部負担すべきだと おもいませんか?

病気、症状1,372閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

4

例えば自分が事故などして働けなくなった時、 同じ事が言えますか?

4人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

現行法は残念ながら生活保護世帯の医療費は自己負担分が原則無料になっています。それが薬の転売や頻繁な過剰受診に繋がっているのです。これを解決する方法は「自己負担分は生活費より支出する」事だと思います。 これは生活保護受給者が自立した後に一番問題となるものなのです。今まで無料だったのに保護廃止と共に自己負担が発生する。今までは生活費として考えなかった項目が支出する項目として増えるので困る。であるならば最初から就労可能世帯については医療費負担として、障害者や老人については医療費免除とすればいいのではないでしょうか。厚生労働省に提案しても「公正性から考えて難しい」と返答しています。これでは解決できないだろうなと思っています。本当に自立支援をするのであれば現行の制度を改善するべきだと思います。

1人がナイス!しています

1

思います。 というか、就労している人こそ、医療費の自己負担を無くすべき、と思いますし、高齢者については、薬を出すことを中心として、治療は慢性疾患や重度のものについては、公的な保障の中では、手術を減らし、その分、若者の健康維持に充てるべきだと思います。高齢者に譲ったとしても、就労している高齢者であれば、若者と同等な資格があってもよいことだと思います。 生活保護受給者については、高齢者と同様、薬だけの治療を行うこととし、若者とは違い、就労していない者への医療扶助費の支給については、制限すべきだと思います。ただ、就労している生活保護受給者であれば、治療を優先するにやぶさかではないと思います。

1人がナイス!しています

0

国の財政が厳しければ、そうせざるを得ないけど、結局、支給額の増額になるので、一長一短ですね。

1

それはわかります。 でも保護者が現金を負担したところで、そのお金も我々の税金なわけでしょう?意味ないです(泣) むしろ病院の負担が増えて医者がかわいそう。薬剤師も

1人がナイス!しています

0

ちょっとわかります!! でもこの方々が窓口でお金を払うということは ここでも税金が支払われるわけですよね・・・・? 皆さんは具合の悪い中会計も待っていただいてるのに 自分には関係の無い感じで会計なくサッサと帰られるのには閉口です。