なぜドーム球場は大阪、ナゴヤ、西武、札幌ができた頃を最後にその後大都市圏ですらまったく建設されていないのですか。

なぜドーム球場は大阪、ナゴヤ、西武、札幌ができた頃を最後にその後大都市圏ですらまったく建設されていないのですか。 (横浜、仙台、京都、広島などは大都市であるにもかかわらずドーム球場が建設されていない)

観光地、行楽地270閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ドーム球場は建設費が高く、維持費もかかります。広島の新球場もドームが検討されましたが、結局ドームは見送られました。 または費用の問題の他、天然芝の球場が見直されて来つつある、ということもあると思います。 人工芝は選手への負担が大きいのです。人工芝の下はコンクリートですので、ケガしやすいのです。高校野球の為に造られた甲子園球場が天然芝なのはそのためです。 野球の本場の米国でも、ドーム球場ブームは去り、天然芝が見直されています。 野球は本来青空のもとするスポーツです。選手も観客も青空のもと汗を流す、というのが自然の姿です。 太陽のもとの野球観戦は最高ですよ。

その他の回答(2件)

0

プロ野球の観客動員が減っているのに維持費はかかるという現実と、ドームより屋外の方が観客に人気があるからでしょう。 東京ドームができた頃のような斬新性ももうないですし。