ここから本文です

天体望遠鏡のフローライトレンズ屈折望遠鏡が姿を消した訳を教えて下さい。 10年以...

bav********さん

2012/2/1405:39:08

天体望遠鏡のフローライトレンズ屈折望遠鏡が姿を消した訳を教えて下さい。 10年以上前はフローライトレンズは大ブレークだったのに今は高橋製作所の60mm屈折位でしか見当 たりません。宜しくお願いします。

閲覧数:
7,209
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

edo********さん

編集あり2012/2/1413:11:43

関係者でないかぎり真実の程は定かではありませんが、巷で言われていることはおおむね他の皆さんのおっしゃるとおりです。

他に、私が聞いている話として、エコガラス化によるレンズ再設計や新たな治具の手配等のコストがかかりすぎるというものもあります。
なお、フローライト1枚の価格で、ED三枚玉全ての硝材が購入できるという話も聞いたことがありますよ。
もっとも、アポが高い原因は、硝材それ自体も高価であるが、それより研磨等における人件費がかかるという話ですが。

なお、現在入手できるフローライトの望遠鏡は、

タカハシ
FET-300
FET-200
SKY-90
FS-60C

TELESCOPE ENGINEERING COMPANY
TEC-180FL
TEC-160FL
TEC-110FL

といったところでしょうか。

質問した人からのコメント

2012/2/17 19:32:39

名機はエコ等の時代の流れには逆らえないのですね。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

equ********さん

2012/2/1407:14:56

TOAが出るちょっと前、たまたま某社の関係者とお話する機会がありました。
その時は、もうすぐなくなるから早めに買ったほうが・・・とか

相方レンズが(エコ対応で)入手できなくなると言われていました
#(は私の追記)

oot********さん

2012/2/1406:37:06

(1)蛍石はやわらかく傷がつきやすいため、研磨が困難
(2)ガラスではないため、コーティングもできない(タカハシはコーティングしているが、特許を押さえているらしい)
(3)蛍石に合わせる側のガラス(KzF)が環境基準に合わないため製造されなくなった
(4)太陽観測等に蛍石を使うと、紫外線の影響等で失透する場合がある
(5)EDガラスの改良が進んだため、あえて蛍石を選ぶ必然性が無くなった(EDガラスより蛍石が絶対的に光学性能が優れている訳ではない)

といったところだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる